AIOSEOのスコアやページ分析、フォーカスキーフレーズって何?【2020年12月】

困りごと解消

 

ブログ運営で利用されている方も多いAIOSEO(All in One SEO パック)。

私もそのうちの1人で、2020年12月にアップデートの通知が来てすぐに対応しました。

そしてブログを書こうと思った時に目に入ったのが「AIOSEO スコア」という見慣れない表示。

更には「ページ分析」や「フォーカスキーフレーズ」などの項目たち。

何も考えずに更新したことを少し後悔しつつ、調べたり試したりしてみました。

そして分かったことをブログ初心者の私なりにまとめてみました。

 

※他にも調べたり試したりしてみた内容を記事にまとめています。

404 NOT FOUND | 明日話したい話題
明日話したい気になる話題についてご紹介
CocoonでWPtouchは不要!今すぐスマホ対応をチェック!
Cocoonを使用していて、WPtouchのプラグインを使用している方へ。スマホの表示は大丈夫でしょうか。今すぐチェックした方がいいです。

 

スポンサーリンク

 

AIOSEOスコアって何?

 

まず先にお伝えしておきたい大事なことは1つです。

それは、100点じゃなくてもいいという点です。

 

まず、AIOSEOスコアはTruSEOスコアとも呼ばれるものみたいです。

これは「どれだけいいページを作れたか」っていう指標になる値です。

このスコアを上げるためには後述する「ページ分析」などのエラーを解消すればいいみたいです。

 

ここまで聞くと、100点を目指さないといけなそうに思いますよね。

ただ、どうやらそうでもないみたいです。

何故なら、あくまで機械的なチェックのスコアです。

そのため、スコアが良くても実際にいいページなのかは分からないってことらしいです。

 

具体例で考えると分かりやすいと思います。

例えば、スコアを上げる要素の1つに画像や動画の使用があります。

この要素をクリアするために、文章主体のページへ無理やり画像や動画を入れる。

こういったページをいいページだといえるでしょうか。

また、悪い手法でいうならページ内容に関係ない画像や動画を入れる。

こういったページをいいページだといえるでしょうか。

 

AIOSEOスコアはいいページを作れているかの目安」。

それくらいに捉えてページを作るのが良さそうですね。

 

※追記(2021/2/12時点)

しばらく運用してみた結果をお伝えします。

実体験としては、100点を取らなくても人気のページは読んでもらえます。

逆に、100点を取っていても人気がないページは読んでもらえません。

公式サイトで言っている通り、あくまで目安の1つに過ぎないということですね。

 

スポンサーリンク

 

ページ分析って何?

 

AIOSEO設定にある「ページ分析」の項目は3つのタブに分かれています。

「基本的なSEO」、「タイトル」、「読みやすさ」です。

それぞれのタブで現在作成中のページの改善点を提示してくれています。

つまり、「ページ分析」とは「作成中のページの改善点を表示している部分」ということです。

この改善点を解消していくことでAIOSEOスコアを上げていくことができます。

ただ、上記の画像のようにすべてをクリアしなくても100点になるようです。

加えて、分かったことや分からなかったことをご紹介します。

 

「基本的なSEO」タブで表示される改善点の「コンテンツの長さ」はよく分かりませんでした。

「最小単語数」というのが何を指しているのか私には理解できません。

そのため、このエラーの解消方法が不明です。

分かり次第、更新しようと思っています。

⇒単純にブログの文字数のようです。下記で説明しています。

AIOSEOのページ分析(コンテンツの長さ/メタディスクリプションの長さ/遷移語)のエラー解消
AIOSEO(All in One SEO)を2021年3月に「バージョン 4.0.16」へアップデートした際にページ分析(コンテンツの長さ/メタディスクリプションの長さ/遷移語)でエラー発生。解消方法をご紹介!

 

「タイトル」は30~60文字以内ならOKみたいです。

よく言われる35文字以内みたいな目安とは異なる目安のようです。

 

ちなみに、「ページ分析」は待っているだけでは更新されません。

本文に文章を入力したりすると反応するみたいです。

 

スポンサーリンク

 

フォーカスキーフレーズって何?

 

AIOSEO設定にある「フォーカスキーフレーズ」の項目は正直、よく分かりませんでした

最初はメインとなるキーワードとかを入れるのかな?と思いました。

でも、使ってみるとエラーというか改善点みたいなのがたくさん出ます。

詳細が分かったら更新しようと思っています。

 

次ページでは、その他サイトマップについてご紹介します。

 

その他サイトマップについて

私はAIOSEOをアップグレードすると、通知でサイトマップの競合解消の警告が届きました。

これはサイトマップの作成に「Google XML Sitemaps」を使っていたことが原因みたいです。

 

 

どうしようかなーと思ったのですが、現状は放っておいています。

「Google XML Sitemaps」の使用で困っていません。

通知を非表示にすると競合が起きたことさえ忘れてしまいそうです。

そのため、放っておくことにしました。

 

スポンサーリンク

 

参考ページ

AIOSEOスコア、フォーカスキーフレーズについての参考ページ

Truスコアの参考ページ

 

まとめ

既存のページが崩れるようなことはなさそうなので、ひとまずは安心しています。

とりあえず使いながら様子を見ていくしかないかなーというのが本音です。

詳しい方々が分かりやすく解説してくれるといいなって感じですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました