音声SNS「Clubhouse」(クラブハウス)の注意点や危険性を簡単解説!

アプリ

 

2021年1月下旬頃からよく名前を聞く音声SNS「Clubhouse」(クラブハウス)。

ツイッターやインスタのように主流のSNSとして利用者が拡大していきそうなこのアプリ。

注意点や危険性はどういったところにあるんでしょうか?

アカウント停止より怖いプライバシー問題(個人情報保護)について簡単に解説してみます。

 

スポンサーリンク

 

音声SNS「Clubhouse」(クラブハウス)とは?

「特別感のあるラジオ」が私の印象です。

「ライブ配信サービス(映像なしバージョン)とTwitterが合わさったもの」といってもいいと思います。

有名人の方々が大勢利用されています。

 

 

「Clubhouse」のアプリをダウンロードしたユーザーは「room」と呼ばれるグループで交流します。

交流方法は音声のみという点が音声SNSと呼ばれる所以のようです。

私がラジオやライブ配信サービスの映像なしバージョンみたいって思った理由でもあります。

 

「room」を作った人の許可がもらえれば自分も発言できます。

発言しなくても、参加者たちの会話を楽しんで聞いていることが可能です。

フォローやフォロワーという概念もあります。

ここら辺がTwitterなどのSNSっぽいなーと言われたりするところみたいです。

 

基本的に新規ユーザーは既存ユーザーからの招待制です。

この制度が特別感を演出しているようです。

ただ、一応招待がなくても参加できる制度はあります。

「ウィッシュリスト」というものに登録して承認待ちをするそうです。

また、iOS版しか「Clubhouse」は利用できません。

(2021年2月時点の情報です。Android版も随時開発中のようです。)

 

スポンサーリンク

 

Clubhouseの注意点

「Clubhouse」は音声による交流を楽しむためのアプリです。

そのため、それに反する下記のような行為は規則によって禁止されています。

該当する場合はアカウント停止などの処分を受ける可能性があります。

 

会話の録音や記録

「Clubhouse」はその場限りの会話を楽しむために作られたアプリです。

それなのに録音や記録をするなんて無粋にもほどがあるってことですね。

Clubhouse内での会話を記事にされてアプリを削除したという芸能人の方もいます。

ちなみに、参加している全員の許可などがあれば録音などは問題にならないそうです。

 

フォローしあうための利用

フォロワーを集めるためだけに「Clubhouse」を利用することもダメです。

これは主目的の「音声による交流を楽しむ」に反しているからでしょう。

意図的に人気者になろうって人を防止する観点でもあるようです。

 

宣伝や販売のための利用

これも主目的の「音声による交流を楽しむ」に反しているからでしょう。

もちろん、交流の中で話題に挙がる分には問題ないでしょう。

ただ、「営利目的」で「Clubhouse」を使用するのはやめてねってことだと思います。

この「営利目的」という点がポイントなんだと思います。

なお、「Clubhouse」にもライブ配信サービスのような収益化の仕組むが出来るって話はあるようです。

本当だとしても、もう少し先の話になるみたいですね。

 

誹謗中傷など

これは基本ですね。許されていいことではありません。

みんなで仲良く楽しく利用しようっていうことです。

 

スポンサーリンク

 

Clubhouseの危険性

「Clubhouse」は不特定多数の人々と交流できるSNSの特性を持ちます。

そして、その交流方法に音声を使用していることで、主に下記の危険性があります。

 

プライバシー問題(個人情報保護)

一般的なSNSでも画像や書き込み内容によって付きまとってくる問題ですね。

「Clubhouse」でも同様のことが言えます。

そして、音声ということで今までとは異なった気の使い方が必要となってくるでしょう。

例えば、方言を話しているというだけで出身地がある程度分かってしまいます。

また、独身の男性ユーザーのアカウントから女性の声がして来たら誰だ?って思っちゃいますよね。

それ以外にも、たまたま音声に交じってしまったテレビや家族の声などから個人情報が洩れるかもしれません。

そういった不測の事態が他のSNSより非常に大きい気がします。

 

誹謗中傷

こちらもSNS系のアプリ、というかネット社会では切っても切れない問題ですね。

「Clubhouse」でも同様のことが言えます。

利用規則で禁止されていたとしても、言ってくる人は言ってきます。

音声というところから熱が入りすぎて思わず言ってしまうパターンもあると思います。

また、発言者自身が意図しない誹謗中傷もあるでしょう。

何気なく発した一言が相手を傷つけていたっていうパターンです。

 

スポンサーリンク

 

一番怖いのはプライバシー問題(個人情報保護)

「Clubhouse」の利用で一番注意が必要なのはプライバシー問題(個人情報保護)でしょう。

一般の方が音声によって交流できるという点は今までのSNSなどと一線を画すものです。

そのため、今までとは気の使い方が異なってきます。

 

方言、地元の新商品やサービス、町内放送、家族や友人の声、携帯アラームなどなど。

上記はあくまで一例としか言えないでしょうが、パッと思いつく限りでも色々出てきます。

どういったところからどういった情報が知られてしまうか見当もつきません。

ツイッターやインスタではアップする画像に気を付けてとはよく言われるものです。

「Clubhouse」でいうなら、周りの音に気を付けてとなるでしょうね。

 

最後に

「Clubhouse」はとても楽しいサービスだと思います。

ただ、みんなが楽しく利用できるように一定のルール/モラルは必要になってきます。

ゲームもみんながルール/モラルを守らないと楽しくありませんからね。

それと同じです。安全に楽しく有意義に利用しましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アプリ
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました