CocoonでWPtouchは不要!今すぐスマホ対応をチェック!

物事

 

自分のブログをスマホで見てみたらよく分からないレイアウトになっている。

私が陥った状態です。

 

この状態はWPtouchを無効化することで解消しました。

そして、私は「CocoonでWPtouchは不要」という結論に至りました。

詳細について、お話しします。

 

スポンサーリンク

 

状況説明

私はWordPressでSimplicityのテーマを使ってブログを始めました。

その際、スマホ対応として「WPtouch Mobile Plugin」のプラグインを導入しました。

その後、Cocoonのテーマへ変更しました。

 

Cocoonの設定でスキンなどを変更してブログをきれいにしました。

WordPressの外観⇒カスタマイズからPCでもスマホでもきれいに見えることを確認しました。

そのため、スマホ対応できていると思っていたんですよ。

Cocoonはスマホ対応されているテーマだと知っていたんで、かなり安心していました。

 

ですが、実際に自分のスマホからブログを表示してみるとびっくり。

確認していた表示と異なっていたんです。

もっと言うと、「Google AdSense」の広告は表示自体されていない。

 

「これは困る。何でだ?」ってなりました。

 

問題点と解消方法

問題点は「WPtouch Mobile Plugin」の活用方法を分かっていなかったことです。

 

WPtouchはモバイル向けのレイアウトを作るプラグインです。

そのため、スマホ対応していないテーマを使用する時や、モバイル向けのレイアウトをカスタマイズしたい時に非常に有意義なプラグインです。

ですが、既にスマホ対応されているテーマを使用していて、モバイル向けのレイアウトをカスタマイズしない私のようなユーザには不要となります。

 

何故なら、テーマの上にプラグインが載るイメージになるからです。

今回の私が陥った事象も、Cocoonではきれいになっていたけど、カスタマイズしていないWPtouchのレイアウトが表示されていたということでした。

そのため、解消方法はWPtouchの無効化となりました。

 

スポンサーリンク

 

スマホ対応のチェック

状況説明の項目でお話した通り、WordPressの外観⇒カスタマイズからの確認では、プラグインの影響が分からないかもしれません。

そのため、スマホ対応のチェックは別の方法で行うのが良さそうです。

 

もちろん、自分のスマホで確認するのもありです。

ただ、Googleアナリティクスなどへの影響を気にする方もいると思います。

そんな方にはGoogleが提供するモバイルフレンドリーテストがおすすめです。

Mobile-Friendly Test - Google Search Console

 

ここでチェックすると、スマホ対応しているかと、実際にどのように表示されるかの2つが分かります。

めっちゃ便利です。

 

まとめ

モバイル向けのレイアウトを色々いじりたい人にとっては、CocoonでWPtouchを適用するのはありだと思います。

WPtouchのカスタマイズはある程度の料金がかかりそうですが、様々な設定が出来るようですし。

 

ただ、私はCocoonのスマホ対応で十分満足しています。

そのため、CocoonでWPtouchは不要という結論です。

 

関連記事
物事
明日話したい話題

コメント

  1. より:

    突然申し訳ございません。

    ワードプレス初心者です。
    スマホ版のサイトだとなぜがプレビューと違ってとても困っていました。
    2日間も悩んだ末ここであっさり解決笑

    プラグインについてはどこのサイトも触れていなかったので助かりました。
    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました