フランシスコ・ロドリゲス・ジュニアのwikiプロフィールや戦績【井岡一翔の対戦相手】

アスリート

 

2021年9月1日のWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ。

井岡一翔選手にとって3度目の防衛線となりますね。

その対戦相手がメキシコ出身プロボクサーのフランシスコ・ロドリゲス・ジュニア選手です。

彼の年齢や身長などwikiプロフィールは?試合戦績(成績)やタイトルは?

試合の見どころは?など気になる点について今回はお話させていただきます。

 

 

フランシスコ・ロドリゲス・ジュニアのwikiプロフィール

写真右:

名前 F.ロドリゲスJr.
英語名 Francisco Rodrizuez Jr
読み方 フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア
生年月日 1992年7月10日生
年齢 29歳 ※2021年8月時点
出身 メキシコ
身長 163cm
リーチ 165cm
タイプ 右ボクサーファイター(オーソドックス)

出典元:https://www.tbs.co.jp/

出典元:https://news.yahoo.co.jp/

 

フルネームの名前の読み方は「フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア」が正しいようです。

ポスターなどでは「F.ロドリゲスJr.」とか「ロドリゲスJr.」と略すことも多いみたいですね。

基本的にはオーソドックスタイプの右ボクサーファイターになるようです。

ただ、左構えにスイッチすることも出来る引き出しも持っているそうです。

世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級2位の実力者。

そんな彼が日本人初の世界4階級制覇王者の井岡一翔選手に挑むことになります。

 

スポンサーリンク

 

フランシスコ・ロドリゲス・ジュニアの試合戦績(成績)やタイトル

フランシスコ・ロドリゲス・ジュニアの試合戦績(成績)は39戦34勝4敗1分です。

34勝のうち、KO率は61%の24KOとなっています。

また、2016年からは負けなしの15連勝中(11KO)なんだそうです。

そのため、かなり勢いのある挑戦者と言えるようですね。

試合前のインタビューでも、「このチャンスを逃さない」と気合十分のようでした。

そして、彼のタイトルとか肩書としてどんなものがあるかというと、下記のような感じです。

  • WBO世界スーパーフライ級 2位
  • WBCラテンアメリカスーパーフライ級王座
  • 元IBF世界ミニマム級統一王者(防衛1)
  • 元WBO世界ミニマム級統一王者
  • NABF北米ライトフライ級王座

 

日本人との対戦経歴を見てみると、過去に3回くらい戦ったことがあるようです。

2014年にIBF世界ミニマム級王者の高山勝成さんと試合しました。

ミニマム級王座統一戦を行い、フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア選手の12R判定勝ち。

2017年に長井一さんと対戦した際は5R負傷判定勝ち。

2018年にWBCラテンアメリカスーパーフライ級シルバータイトルマッチで戸部洋平さんと対戦。

結果は2RKO勝ちとなっていますね。

つまり、日本人相手には負けなしのようです。

こういった実績は選手としてかなり自信となるのではないでしょうか。

 

F.ロドリゲスJr.と井岡一翔の試合の見どころは?

F.ロドリゲスJr.選手と井岡一翔選手の試合の見どころとしては主導権争いとなりそうです。

大方の予想としては、やはり絶大な強さを誇る井岡一翔選手の優勢のようです。

ただ、F.ロドリゲスJr.選手の実力の高さも認められています。

15連勝中という勢いや、アウェーでのメキシコ勢の強さなどもささやかれていますね。

そういった諸々を踏まえると、好勝負になる気配もあります。

そして、二人ともKO出来るパンチ力があり、経験豊富なボクサーです。

そのため、1試合全体を通した試合運びが重要になってくるでしょう。

その中でどちらが主導権を握り、相手を追い詰めるのかが非常に注目されます。

井岡一翔選手がチャンピオンとしてレベルの違いを見せつける試合展開をするのか。

F.ロドリゲスJr.選手が最後のチャンスとしてしがみつき、王者を打ち砕くのか。

どちらの実力が上なのかはっきりさせる戦いとなりそうですね。

 

スポンサーリンク

 

フランシスコ・ロドリゲス・ジュニアのwikiプロフィールや戦績まとめ

  • フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア選手の年齢や身長などwikiプロフィールは記事内の通り
  • 試合戦績(成績)は記事内の通りで、2016年からは負けなしの15連勝中
  • 試合の見どころは主導権争いになりそうな予感

 

という感じですね。

今回の試合も見逃し厳禁な激熱の試合となりそうです。

井岡一翔選手の輝かしい防衛の歴史に1ページ加わるのか。

F.ロドリゲスJr.選手の経歴に新たな華が咲くのか、非常に注目しています。

なお、試合結果については試合終了後に追記更新させていただこうと思っています。

 

⇒2021/9/1追記

試合結果は判定3-0で井岡一翔選手が防衛に成功されました。

 

※別記事もおすすめです。

マイケル・ダスマリナスのwikiプロフィールや戦績は?フィリピン出身サウスポー
2021年6月20日の井上尚弥ラスベガス防衛戦で対戦相手となるマイケル・ダスマリナス選手。フィリピン出身のサウスポーのwikiプロフィール(年齢/身長/体重など)や試合戦績は?マイケルダスマリナスVS井上尚弥戦の見どころは?気になる点をご紹介!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました