ハッシュタグつきすぎで多くてうざい!なぜ何個もつけるのか?

困りごと解消

 

インスタやツイッター、フェイスブックなどのSNS。

YoutubeやTiktokなどの動画投稿サービス。

「#」で始まるハッシュタグは色々なところで使用されています。

そんなハッシュタグを見ていて、一度は思ったことありませんか?

「ハッシュタグつきすぎ!多すぎ!うざい!」

なぜみんな、あんなに何個もつけるのか。適切な数はどれくらいなのか。

そこらへんについて今回は解説いたします。

 

※本記事は2020年10月時点で調べてみた内容を元に書いています。

※別記事もおすすめです。

ヤフー知恵袋の回答者のメリットは?知恵コインって何?カテゴリマスターなどバッジの種類と取り方は?
Yahoo!JAPANが運営するYahoo!知恵袋(ヤフー知恵袋)。質問の回答者のメリットは?知恵コインて何?カテゴリマスターなどバッジの種類と取り方は?チエリアン/BA/グレードなどの用語の意味は?最高グレードは?気になる点をご紹介!
金属の擦れる音が苦手で不快!原因や対処方法/克服方法を調査
金属製の手すりに金具があった時、パスタをスプーンとフォークで巻く時、ゲーム「Dead by Daylight」(デッドバイデイライト)のフレディーが攻撃した後の音など、金属の擦れる音が苦手で不快に感じてしまう。原因や対処方法/克服方法がないか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

ハッシュタグを何個もつける理由

疑問

 

ハッシュタグは簡単に言えば目印です。

その目印をたくさんつけて見つけてもらおう!っていうのが何個もつける理由です。

 

SNSでは常にたくさんの投稿が行われ、動画配信サービスでは常に新しい動画がアップされます。

そんな中で、ユーザが知りたい/見たい情報を見つけるための目印がハッシュタグになります。

逆に、投稿者/配信者などのインフルエンサーたちからすると、ハッシュタグを有効に使うことでユーザに有益な情報を届けようとしているんです。

また、ハッシュタグを使うことで「おすすめ」だったり「トレンド」に載ったりもできます。

そのため、ハッシュタグは現代において非常に有意義な効果を持つものです。

この点は間違いありません。

 

ただ、単純にとにかくハッシュタグをたくさんつける方もいるみたいです。

それはユーザにとっても投稿者/配信者にとっても良いことはないです。

SNSや動画配信サービスにはそれぞれの性質や特性があります。

そして、投稿や動画にはそれぞれのテーマがあるはずなんです。

それに合ったハッシュタグを適切な内容で、適切な数つけることが非常に大切です。

そうじゃないと、単純にうざいハッシュタグになってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

インスタのハッシュタグは基本11個

インスタグラムには最大30個のハッシュタグをつけることができます。

31個以上になると、ハッシュタグとして機能しなくなるので注意です。

これはインスタのヘルプを見れば分かります。

 

では、何個くらいのハッシュタグが適切なのか。

調べてみたところ、インスタのハッシュタグは11個がいいみたいです。

(出典元:https://gaiax-socialmedialab.jp/post-29705/

 

ただ、11個以上が効果的というネット記事も見かけました。

どちらの方が信憑性が高い情報かは個々の判断にお任せします。

とりあえず分かることは、つけすぎは良くないということですね。

30個つけられるから30個つける!は辞めた方が良さそうです。

 

インスタは画像の投稿がメインのサービスです。

そのため、見たい投稿を探すためにもハッシュタグ機能が非常に有意義に活用されています。

投稿に含められる文字数も多いことから、企業が活用することも多いそうです。

ただ、個人的には11個のハッシュタグは多すぎてちょっと苦手です。。

 

スポンサーリンク

 

ツイッターのハッシュタグは基本2個

ツイッターは公式ヘルプでハッシュタグ2個を推奨しています。

そもそも投稿できる文字数が少ないサービスです。

そのため、何個もハッシュタグをつけるだけで本来の呟きたい内容が減ってしまいます。

おそらく、そういった点からも2個を推奨しているんでしょうね。

 

たまにインスタのテンションでハッシュタグをたくさんつけている投稿も見かけます。

もちろん、それはそれでありかもしれません。

ただ、公式が推奨している数が一番だと個人的には思います。

 

そして、ツイッターの良さと言えばリアルタイム性ですね。

気軽にすぐに呟けるサービスとして人気の高いサービスです。

ハッシュタグの内容もリアルタイム性を意識するといいと思います。

 

フェイスブックのハッシュタグは基本3~5個

フェイスブックのハッシュタグは3~5個がいいみたいです。

この情報は色々試した方々のネット記事を参考にした値です。

そのため、正直どれほどの信憑性があるかは分かりません。

ただ、何となくたくさんつけるより、こういった先人の方々の情報を参考にした方がいいと思います。

 

フェイスブックは投稿者/配信者の信憑性が高いサービスです。

そして、”友達”と言う他のSNSサービスよりも強いつながりが特徴だと思います。

そういった点を意識したハッシュタグの内容や数が重要になりますね。

そう考えると、友達当てにハッシュタグだらけの投稿を送ろうとは思わないですね。

 

次ページでは、YouTubeとTiktokの適切なハッシュタグ数についてご紹介します。

 

Youtubeのハッシュタグは基本3~5個

Youtubeには最大15個のハッシュタグをつけることができます。

16個以上になると、ハッシュタグとして機能しなくなるので注意です。

これはYoutubeのヘルプを見れば分かります。

無駄なハッシュタグをつけることも非推奨としています。

関連性の低下や、最悪は動画の削除につながるみたいです。

 

では、何個くらいのハッシュタグが適切なのか。

私はYouTubeのハッシュタグは3~5個だと思いました。

まず、デフォルトで設定されるハッシュタグが3個みたいです。

自分で設定しないと動画の投稿内容から設定されるようです。

これもYoutubeのヘルプを見れば分かります。

そして、ハッシュタグのつけすぎはダメっていう注意喚起。

そこから考えると、プラス2個くらいが効果的な範囲かなーと勝手に思いました。

 

Youtubeの動画検索はハッシュタグがなくても十分機能していると思います。

その中でハッシュタグをつける利点は何か。

考えられるのは、おすすめ動画やトレンドの動画として扱われる可能性だと思います。

そう考えると、あまりたくさんのワードは必要ないと考えられますね。

 

スポンサーリンク

 

Tiktokのハッシュタグは基本3~5個

Tiktokのハッシュタグは3~5個がいいみたいです。

この情報は色々試した方々のネット記事を参考にした値です。

そのため、正直どれほどの信憑性があるかは分かりません。

ただ、何となくたくさんつけるより、こういった先人の方々の情報を参考にした方がいいと思います。

 

Tiktokは誰でも簡単に投稿できるショート動画で人気のサービスですね。

検索機能で見つけてもらうためにも、おすすめやトレンドに載るためにも、ハッシュタグは非常に有効です。

また、ハッシュタグ内容もSNSなどとは全く異なっていて面白かったりします。

そこら辺を意識してつける必要があると思います。

 

まとめ

今回はハッシュタグについて、うざくなってしまう理由と、各サービスでの適切な数を解説しました。

個人的には3個くらいがちょうどいいです。

5個でお腹いっぱいです。

10個とかになると、なかなか。。。

 

今後、ハッシュタグに代わる新たな仕組みも出てくると思います。

どんなものが出てくるのか、楽しみにしています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
困りごと解消
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました