風間球打の両親(父親/母親)や兄弟姉妹など家族構成は?野球一家のエリート?

アスリート

今回の夏の甲子園では多くの注目選手がいます。

そんな多くの選手がいる中でも特に注目を集めているのがノースアジア大学明桜高校の風間球打選手です。

風間球打選手は秋田県大会を勝ち上がり、4年ぶりの甲子園出場を果たしたノースアジア大学明桜高校のエースピッチャーであり4番打者でもあります。

早くもプロのスカウトからは高校生ナンバーワン投手としての声も多く上がっている風間球打選手。

今回は風間球打選手のすごさの由来をその出生に着目してまとめました。

具体的には、彼がどんな選手(プロフィールや経歴)なのか?

ご両親(父親/母親)はどんな方なのか?兄弟姉妹はいるの?家族構成は?野球エリート一家?など。

諸々気になる点について、早速見ていきましょう。

風間球打のプロフィールと経歴

名前風間 球打
読み方かざま きゅうた
生年月日2003年10月11日
年齢17歳 ※2021年8月時点
出身地山梨県甲州市
身長182cm
体重81kg
ポジション投手/外野手
投打右投げ右打ち

出典元:https://sp.baseball.findfriends.jp/

風間球打選手の年齢は17歳で、高校3年生です。

身長は182㎝、体重は80kgと体型にも恵まれていることが分かります。

出身は山梨県甲州市で、野球を始めた小学1年生から中学生卒業までは地元山梨で野球をしていました。

小学3年生でピッチャーを始めると、中学生の時には全国大会へ出場。

高校は地元山梨を離れて、秋田の名門校であるノースアジア大学明桜高校に進学します。

1年春にはベンチ入りを果たし、早くも頭角を現します。

また、世代最速と言われているストレートは現在MAX157km/hです。

高校1年生で135km/h、高校2年生で150km/h、高校3年生では157km/hを記録しました。

以上のように、超高校級と言われるのも納得のスピードを記録しています。

この武器であるストレートに加えて、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークの4球種を持っており、多くの打者から三振を奪ってきています。

また風間球打選手はバッティングも得意で打順は4番。

ピッチャーとして出場しない際はレフトで出場し高校通算5本塁打を記録するなど、まさにその名前にふさわしい野球の申し子として活躍しています。

スポンサーリンク

風間球打の家族構成は?

風間球打選手の家族構成は、父親、母親、兄2人、弟1人の合わせて6人家族です。

姉妹はいませんね。男子4人に父親1人で母親以外は全員男性という超男家族ですね。

これだけ兄弟が多いと毎日が賑やかで楽しそうなイメージです。

しかし、6人家族全員の家事をお母さんがやっていると考えるとかなりハードであることが想像できます。

風間球打選手がここまで野球を続けてこられて、甲子園にまで出場出来たのはお父さんはもちろんのこと、お母さんの支えも大きかったのではないでしょうか。

風間球打の両親(父親/母親)はどんな人?

風間球打選手の父親は「塩谷啓介」さんで元塩谷商業高校のOBで高校球児だった方です。

風間球打選手が小学1年生の頃から野球を始めたのもお父さんの影響が強いのではないでしょうか。

また、風間球打選手の名前は水島新司さんの人気野球漫画「球道くん」から来ているそうで、お父さんが風間球打選手を含め息子全員の名前に「球」を付けられたそうです。

お父さんの高校時代の記録などは出てきませんでした、息子全員の名前に「球」をつけるくらいなので、かなりの野球好きであることが分かります。

一方、風間球打選手の母親に関しては情報がありませんでした

ただ、風間球打選手を含めた家族のサポートを毎日行っているであろうお母さんも、今回の甲子園出場はかなり喜んだことでしょう。

風間球打の兄弟姉妹はどんな人?

風間球打選手には兄が2人、弟1人がおり、姉妹はいませんので4人兄弟です。

風間選手を含む兄弟全員が野球をしており、また名前に「球」という字が入っています。

  • 長男:球道(きゅうどう)
  • 次男:球星(きゅうせい)
  • 三男:球打(きゅうた)
  • 四男:球志良(きゅうしろう)

長男の球道さんは地元の山梨学院で内野手としてプレーしていました。

次男の球星さんも地元甲府工業高校でキャッチャーとして活躍

3年夏の山梨県大会では大活躍して、現在も駿河台大学で野球を続けています。

そして、三男が風間球打選手です。

最後に、風間球打選手の弟で末っ子である四男の球志良さんは現在中学生でお兄ちゃん達と同じように野球をしています。

改めてみると、4人兄弟全員が野球をやっているのはすごいですね。

1人くらいサッカーや別のスポーツをやってもおかしくはないと思うのですが、お父様の熱い野球愛から、みなさんも野球が好きになっているのでしょうね。

スポンサーリンク

風間球打は野球一家のエリート?

ここまで風間球打選手の家族構成を見てきましたが、お父さんを始めとして風間球打選手の兄2人も高校球児でした。

そのため、まさに野球一家といえるご家庭のようですね。

そんな野球一家の中でも甲子園出場を果たしたのは風間球打選手のみです。

ピッチャーとしてプロからも一目置かれている存在ですので、まさに野球一家のエリートと呼べますね。

ちなみに、ご家族だけではなく2019年選抜高校野球大会に初出場した福井県の啓新高校で主将を務めていた穴水芳喜捕手が親戚とのことです。

なお、穴水選手は現在も帝京大学でプレーを続けています。

風間球打の両親(父親/母親)や兄弟姉妹など家族構成まとめ

  • 風間球打選手のプロフィールや経歴は記事内の通り
  • 家族構成は父親、母親、兄2人、弟1人の合わせて6人家族
  • 父親は「塩谷啓介」で元塩谷商業高OBの元高校球児
  • 母親の情報はなし
  • 4人兄弟で、姉妹はいない
  • 兄弟全員が野球をやっている
  • 風間球打選手は野球一家の中でもエリート

以上のようになりました。

プロ大注目の本格派右腕である風間球打選手のご両親(父親/母親)や家族構成に関してまとめました。

一家全員が野球をしている野球一家であることが分かりましたね。

プロに入ってからの活躍も今から期待出来ますが、まずは甲子園で優勝を目指して頑張って欲しいですね。

※別記事もおすすめです。

風間球打(かざまきゅうた)のwikiプロフィール!明桜高校投手の球種やバッティングは?
2021年夏の甲子園の注目選手であるノースアジア大学明桜高等学校野球部の風間球打(かざまきゅうた)投手。彼の年齢や身長に出身などwikiプロフィールは?名前の読み方「かざまきゅうた」の由来は?武器は「世代最速の男」と呼ばれる球速?持ち球である球種やバッティングは?wiki経歴は?明桜ってどんな高校?気になる点をご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アスリート
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました