鬼滅の刃アニメ2期の遊郭編は原作漫画の何巻までか大胆予想!3期や新劇場版映画は?

漫画やアニメ

 

大人気「鬼滅の刃」の2期のテレビアニメ化が発表されました。

早速、世界のトレンド1位になるなど大きな反響が広がっています。

今回はこの2期で原作漫画の何巻までアニメ化されるのかを予想していきたいと思います。

 

※原作漫画のネタバレが多少含まれます。

極力排除しながらお話ししますが、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

鬼滅の刃のアニメ1期は漫画の何巻まで?

 

まずは「鬼滅の刃」のアニメ1期を振り返りましょう。

アニメ1期では原作漫画1巻~7巻途中までがアニメ化されました。

具体的に言うと、主人公の炭治郎たちの登場から「無限列車編」の前までですね。

アニメの放送回数でいうと26話分でした。

単純計算すると1巻で4話分くらいとなります。

放送期間でいうと半年ほどですね。

魅力的なキャラクター達、迫力のあるアニメーション、それらに合う主題歌たち。

原作漫画に忠実で、中だるみもなく、最高に面白いアニメですね。

 

鬼滅の刃の劇場版映画「無限列車編」は漫画の何巻まで?

「鬼滅の刃」の劇場版映画「無限列車編」。

何度も映画館に足を運んで煉獄杏寿郎の生き様を目に焼き付けた人も多いと思います。

この「無限列車編」は原作漫画7巻途中~8巻までが描かれています。

アニメ1期のアニメ化ペースを考えると、4~6話分ですね。

つまり、アニメ化と映画化はほぼ同じペースでの映像化と言えます。

 

スポンサーリンク

 

鬼滅の刃のアニメ2期「遊郭編」は漫画の何巻まで?

私の予想では「鬼滅の刃」アニメ2期は原作漫画12巻途中までと考えています。

もしかしたらこの予想を聞いて「そんなに短いわけない!」と考えるかもしれません。

私も最初はそう思いました。

ただ、私なりに諸々考えた結果、ここが一番納得のいく予想となりました。

考えた内容の詳細を解説していきます。

 

まず、「鬼滅の刃」の原作漫画は全23巻で完結済みです。

「無限列車編」の後の9巻から考えると、残り14巻分あります。

アニメ化と映画化のペースである1巻4話分で考えると、56話分に該当します。

これをアニメ2期で全てアニメ化するとは思えません。

 

そう考えると、必然的にアニメ2期はどこか途中までの区切りと考えられます。

この時、注目するのはアニメ2期の発表時の内容です。

それは、鬼滅の刃の「遊郭編」と発表している点です。

つまり、「遊郭編」のみをアニメ化すると明言していると考えられます。

では、「遊郭編」が原作漫画で何巻までなのかというと、12巻途中までなんです。

原作漫画でいうと9巻から12巻途中まで。

つまり、話数としては12話くらいになるので1クールの放送だと思っています。

 

鬼滅の刃のアニメ3期はあり得るのか?

「鬼滅の刃」の「遊郭編」は12巻途中までです。

そのため、「鬼滅の刃」のアニメ3期は十分にあり得ると思います。

さらに予想するならば、恐らく原作漫画の16巻から最終巻の23巻までがアニメ化されると思います。

そして、タイトルはずばり「鬼滅の刃 無限城編」でしょう。

 

「鬼滅の刃」のクライマックスの戦いは原作漫画の16巻途中から突入していきます。

その前の助走期間も踏まえると、原作漫画16巻からが一番妥当と思われます。

そして、様々な場面を挟みつつ、最終巻の23巻まで続いていくことになります。

この間でアニメ化を区切るなんてことは恐らくないと思います。

というか、区切ってほしくありません。

そういった個人的な希望込々での予想になります。

(タイトルの予想は今までの傾向から考えると、結構自信あります。)

 

スポンサーリンク

 

鬼滅の刃の新たな劇場版映画はあり得るのか?

「鬼滅の刃」の新たな劇場版映画は高確率であり得ます。

しかも、もしかしたら数本作成されるかもしれません。

 

まず、アニメ2期は原作漫画の12巻途中までがアニメ化されると予想しました。

そして、(恐らくあると思う)アニメ3期は原作漫画の16巻から始まると予想しています。

この間の4巻分について新たに劇場版映画として作成される可能性が高いと考えています。

そのため、映画1本分はきっと作成されることでしょう。

 

それ以外の可能性も残っています。

具体的に言うと、下記2つの可能性です。

  • クライマックスの戦いの回想部分
  • スピンオフ作品(過去編など)

 

「クライマックスの戦いの回想部分」とは、原作漫画の16巻途中から最終巻の23巻までの間に入る各キャラの昔のお話です。

この回想がストーリーに奥深さを与え、各キャラクターの魅力を倍増させています。

そして、どの話も内容が濃くて見逃せないものばかりになっています。

1人だけの回想では映画の尺に合わないかもしれません。

ただ、複数人の回想を繋げた特別版として映画化される可能性を捨てたくないと思っています。

(というか、ぜひ作っていただきたいと思っています。)

 

次に考えられる可能性が「スピンオフ作品(過去編など)」です。

事実、「鬼滅の刃」の原作漫画が完結した後、週刊少年ジャンプに過去のお話が単発で掲載されたことがあります。

これらが映像化されないなんて悲しすぎます。

予想としては、DVDなどの特典映像として収録されたりする可能性が高い気がしています。

でも、書下ろしストーリーなどで映画化にまで発展する可能性なども捨てきれないと考えています。

 

最後に

今回は「鬼滅の刃アニメ2期は何巻までか」を中心として大胆に色々と予想させていただきました。

あっているにしても、間違っているにしても今後の進展が楽しみですね。

まずはアニメ2期の放送を心待ちにしています。

 

※漫画やアニメに関する別記事も作成しています。

漫画「BEASTARS」完結!最終巻発売に伴いネタバレなしで魅力を振り返る!
漫画「BEASTARS」(ビースターズ)が完結し、単行本(コミックス)の最終巻が発売されました。大好きなこの漫画の魅力をネタバレなしで振り返ってみようと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画やアニメ
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました