【炎の体育会TV(6/26)】マスクマンバッターの正体は誰?元巨人軍4番打者

アスリート

 

2021年6月26日のテレビ「炎の体育会TV」。

この番組で俳優の間宮祥太朗さんと野球対戦するマスクマンバッターの正体は誰?

元巨人軍4番打者、日本シリーズMVP、ベストナイン2回の選手とは?

今回はレッド/ブルー/イエローの3人のマスクマンスラッガー。

彼らについてお話していきたいと思います。

 

 

【炎の体育会TV(6/26)】間宮祥太朗がマスクマンバッターと野球対決

 

マスクマンとの対決と言えば「炎の体育会TV」の名物ともいえる企画ですね。

2021年6月26日の放送では俳優の間宮祥太朗さん、ティモンディ高岸さんの2人がピッチャー。

最強マスクバッター軍と呼ばれる3人のマスクマンスラッガーが野球対戦します。

毎回驚きのゲストがマスクマンとなっていて、今回の打者の正体も気になります。

間宮祥太朗さんの野球経歴と併せてみていきましょう。

⇒2021/6/26追記

キャッチャーを上地雄輔さんが務めていて、ピッチャーのリードも注目点でしたね。

 

スポンサーリンク

 

俳優最速No1の間宮祥太朗(俳優)の野球経歴

間宮祥太朗さんは1993年6月11日生まれの年齢28歳。(2021年6月時点)

身長179cmの高身長イケメンさんで、朝ドラにもご出演されたことのある実力派俳優です。

野球経歴としては、小学校1年生~中学校3年生まで軟式野球をされていたみたいです。

ポジションはピッチャーを担当されていました。

なお、以前にも「炎の体育会TV」にご出演されています。

その際は糸井嘉男選手やラミレス選手と対戦されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

shotaro_mamiya(@shotaro_mamiya)がシェアした投稿

 

彼が俳優最速No1と呼ばれるのにはちゃんとした実績があります。

2019年7月にプロ野球始球式で投球した際、139km/hを記録したそうです。

プロ、もしくはセミプロと呼んでもおかしくない球速ですね。

ちょっとトレーニングしていたとかでは出せない驚きの球速です。

ちなみに、小さい頃から阪神タイガースの大ファンなんだそうですよ。

 

マスクマンバッターの正体は誰?ヒントの整理

間宮祥太朗さん、ティモンディ高岸さんと野球対戦するマスクマンバッター。

私が本記事を書いている段階で分かっている内容をまとめると下記の通りです。

  • マスクマンバッターとしてはレッド/ブルー/イエローの3人が登場する
  • 元巨人軍4番打者、日本シリーズMVP、ベストナイン2回の選手が登場する
  • ツイッターの番宣画像からすると身長は飛びぬけて高いわけではない様子
  • 次回予告動画によるとブルーのマスクマンが元巨人軍4番打者で首位打者2回の様子
  • 次回予告動画でブルーのマスクマンのバッティングフォームは分かる

 

日本シリーズMVPとベストナイン2回の選手がそれぞれレッドとイエローの選手だと思います。

これらの情報を頼りに、3人のマスクマンバッターを予想していきたいと思います。

⇒2021/6/26追記

次回予告動画のヒントを読み間違えましたね。。

正しくはレッドが元巨人軍4番打者、ブルーが日本シリーズMVPでした。

 

スポンサーリンク

 

レッドのマスクドスラッガーの正体は誰?予想と結果(答え)

私の予想から言うと、レッドのマスクマンバッターは二岡智宏さんです。

まず、レッドのマスクマンが日本シリーズMVPの選手だと予想しました。

レッドと言えば戦隊もののリーダー、花形ですからね。

今回の中では日本シリーズMVPの方のマスクカラーになりそうだと思います。

そして、歴代日本シリーズMVPの選手の中から、打者でご活躍された選手。

そのうち、現役を引退されていて、身長が飛びぬけて大きいわけではない選手。

そこら辺を予想の根拠として選びました。

ただ、二岡智宏さんは身長180cmですが、レッドのマスクマンバッターはもう少し身長が低そうです。

そのため、この予想にはあまり自信はないですね。

⇒2021/6/26追記

結論から言うと、レッドのマスクドスラッガーはデーブ大久保(大久保博元)さんでした。

 

元巨人軍4番打者、東北楽天ゴールデンイーグルスの元監督。

プロゴルファーとして活躍し、焼き肉屋のオーナーでもあります。

野球対決結果は間宮祥太朗さんにもティモンディ高岸さんにも負けてしまいました。

また、正体を明かす前からしゃべりすぎが原因で正体がバレバレだったようですね。

 

ブルーのマスクドスラッガーの正体は誰?予想と結果(答え)

私の予想から言うと、ブルーのマスクマンバッターは小笠原道大さんです。

まず、首位打者2回を獲得されている近年の選手で、現役選手以外の方を探しました。

その後、元巨人軍4番打者としてご活躍された方を探すと、小笠原道大さんに絞れました。

そのため、割と自信がある予想にはなっています。

ただ、小笠原道大さんの現役時代のバッティングフォームは結構特徴的です。

でも、「炎の体育会TV」の次回予告動画ではそれっぽくなかったのが気がかりですね。

⇒2021/6/26追記

結論から言うと、ブルーのマスクドスラッガーは鈴木尚典さんでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

上地雄輔(遊助)(@usk_kmj)がシェアした投稿

 

首位打者2回、日本シリーズMVP、引退後はジュニアチームの野球監督。

野球対決結果は間宮祥太朗さんにはホームランで完勝されていました。

ただ、ティモンディ高岸さんには負けてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

イエローのマスクドスラッガーの正体は誰?予想と結果(答え)

⇒2021/6/26追記

結論から言うと、イエローのマスクドスラッガーは鈴木健さんでした。

 

引退試合が伝説として語り継がれている名選手ですね。

美人な娘さん2人に応援されてのご出演となりました。

野球対決結果は間宮祥太朗さんに勝利、ティモンディ高岸さんには負けてしまいました。

 

【炎の体育会TV(6/26)】マスクマンバッターの正体まとめ

  • レッドのマスクドスラッガーはデーブ大久保(大久保博元)さん
  • ブルーのマスクドスラッガーは鈴木尚典さん
  • イエローのマスクドスラッガーは鈴木健さん

 

※別記事もおすすめです。

【炎の体育会TV(5/29)】マスクマンの正体は誰?元メジャーリーガー投手(ピッチャー)
2021年5月29日のテレビ「炎の体育会TV」で山田裕貴さんと対戦するマスクマンの正体は誰?元メジャーリーガー投手(ピッチャー)とは?
【炎の体育会TV(5/15)】マスクマンの正体は誰?通算400本越えホームラン王2回のバッター
2021年5月15日のテレビ「炎の体育会TV」で山田裕貴さんと対戦するマスクマンの正体は誰?通算400本越えホームラン王2回という野球バッターとは?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました