橋本桂佑さんとは?水切り世界一の達人の年齢や本業、最高記録とは?【9Windows】

人物

 

2020年9月23日に放送された日テレ番組「9Windows」で
水切りの達人としてご出演された橋本桂佑さん。
今回は彼について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール(年齢・本業など)

 

写真左の方が橋本桂佑(はしもと けいすけ)さんです。
ツイッターなどを見る限り、2020年時点で年齢は28歳みたいです。
身長は167cm。趣味は野球観戦や登山みたいです。
小中高と野球部だったそうで、出身地は栃木県。
学歴としては東北大学をご卒業されています。

 

気になる本業の仕事ですが、システムエンジニアをされているそうです。
ツイッターで一般の方からの質問に、そう答えています。

 

なお、「9Windows」がテレビ初出演ではなく、
度々メディアなどへご出演し、水切りの魅力を伝えているそうです。

 

水切りの実力

橋本さんが水切りしている様子は下記の感じです。

 

 

かっこいい!
流れるようなきれいでダイナミックなフォームに見惚れます。

 

初めての水切りは6歳ごろだったそうです。
本格的にやり始めたのは大学生になってから。
仙台で一人暮らしを始めた時、近くにあった広瀬川で
水切りをしたら想像以上にうまくできたことがきっかけみたいです。
現在は「熊谷水切り倶楽部」に所属されているそうです。

 

国内・海外問わず、数々の水切りの大会に出場して優勝されています。
国内の主な大会は下記の通り。
・全日本石投げ選手権大会
・天塩川de水切り北海道大会
・仁淀川国際水切り大会

 

海外の主な大会は下記の通り。
・Mackinac island International Stone Skipping Championships
(アメリカ合衆国ミシガン州のマキノー島で開かれる水切り大会)

・Easdale island World Stone Skimming Championships
(スコットランドのイーズデールで開かれる水切り大会)

・Pennsylvania Rock in River Festival
(アメリカ合衆国ペンシルバニア州で開かれる水切り大会)

 

さすが達人という実績の数々ですね。

 

スポンサーリンク

 

水切りの最高記録

達人、世界一、チャンピオンという肩書通りの実力を持つ橋本さん。
そんな彼の最高記録が気になりますね。
水切りは回数や飛距離で競うみたいなので、調べてみました。

 

橋本さんの水切り回数の最高記録は60回、
飛距離は100m以上なんだそうです。

 

凄いとしか言いようがないですね。
小さいころに遊んだ水切りも極めるとここまで来るんですね。
これは間違いなく世界記録!と思ったら、上には上がいるみたいです。

 

ギネスブックによると、飛距離はないみたいですが、
水切り回数の世界記録は88回で、アメリカの人が達成したそうです。

 

60回でもびっくりしたのに、さらに上の88回があるとは驚きです。
とはいえ、橋本さんは水切りの成功率が武器の1つでもあるみたいです。
水切り大会ではそこら辺も重要みたいですね。
そのため、橋本さんが世界一の実力を持っているのは間違いありません。

 


ちなみに、日本の動画企画で水切り記録91回を
記録された方がいますが、こちらは認定されていないようです。

 

ツイッターが面白い

橋本さんはツイッターで水切りに関する質問箱を設けています。
そして、寄せられた質問に適宜、回答されています。

 

 

さすが、水切りの達人の回答といった感じです。
ただ、ちょくちょく水切りに関係ない質問もされているようです。
そして、それに橋本さんが答えていたりして面白いです。

 

 

橋本さん、、、絶対いい人です。
ちなみに、「誤解されていることは?」という質問に対して、
「子供の頃から毎日70回以上練習している」ことを挙げられました。
「子供の頃、多い時は70回以上投げていた」が誤って広まってしまったそうです。

 

まとめ

今回は橋本桂佑さんについてご紹介しました。
水切り回数は強く意識されてはいないようですが、
いつかギネスブックの記録更新にチャレンジしていただきたいと思っちゃいますね。

 

最古の遊びの1つと呼ばれることもある水切り。
久しぶりにやりたくなってきました。

 

関連記事
人物
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました