きくちゆうきの現在はワニからアザラシへ?独特な画風の動物たちは今も人気?

話題の人物

 

テレビ「ぴったんこカンカン」にご出演する漫画家兼イラストレーターの「きくちゆうき」さん。

「100日後に死ぬワニ」の作者で、色々と話題になった裏側についてお話してくれるそうです。

そんな彼の現在の活動はどのようになっているんでしょうか?

ワニからアザラシ?独特な画風の動物たちは今も人気?気になる点を調べてみました。

 

※他にもおすすめな記事を作成しています。

北条時行を簡単解説!ジャンプ新連載「逃げ上手の若君」の登場人物は実在した!【ネタバレあり】
週刊少年ジャンプの新連載「逃げ上手の若君」(作者:松井優征)の主人公である北条時行(ほうじょうときゆき)。実在した彼について分かりやすく簡単に解説&紹介!
漫画「BEASTARS」完結!最終巻発売に伴いネタバレなしで魅力を振り返る!
漫画「BEASTARS」(ビースターズ)が完結し、単行本(コミックス)の最終巻が発売されました。大好きなこの漫画の魅力をネタバレなしで振り返ってみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

きくちゆうきのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

きくちゆうき(@yuukikikuchi)がシェアした投稿

 

「きくちゆうき」さんは1986年生まれの年齢34歳の漫画家兼イラストレーターの方です。

友人が亡くなったことをきっかけに、20歳を超えたあたりから絵を描く仕事を志したそうです。

アルバイトや就職しての絵書きから始まり、27歳からはイラストレーターとして独立されました。

過去には賞を受賞されたり、個展を開いたりなど実力が認められている方ですね。

「100日後に死ぬワニ」が話題になる前からご活躍されています。

 

きくちゆうきの現在はワニからアザラシ?

きくちさんが現在、力を入れているのは「何かを掴んでないとどこかに飛んで行っちゃうアザラシ」という作品みたいです。

これは「100日後に死ぬワニ」の前に書いていた漫画のようです。

それをリニューアル連載している形みたいですね。

既に書籍化が決まっているそうです。

海外の方も読めるように日本語と英語の二か国語展開をされています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

きくちゆうき(@yuukikikuchi)がシェアした投稿

 

タイトルの通り、何かを掴んでないと飛んで行ってしまうアザラシが主人公です。

この時点の設定からしてかなり独創的で面白いですね。

そんな特徴を活かしたアザラシの日常が面白く描かれています。

とても分かりやすいストーリーなので、海外で評判になることも納得です。

作品はツイッターやインスタで拝見することができます。

個人的には、インスタの方が見やすくてお勧めです。

加えて言うと、アザラシもワニと同じくらい好きです。

 

スポンサーリンク

 

きくちゆうきの独特な画風の動物たちも人気?

きくちさんが現在、力を入れているもう一つの作品が「SUPERSUPERどうぶつーズ」という作品です。

こちらもアザラシ同様、「100日後に死ぬワニ」の前から書いていた漫画なんだそうです。

「リイドカフェ」という無料漫画投稿サイトへ掲載している作品でもあります。

こちらも書籍化されていますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

きくちゆうき(@yuukikikuchi)がシェアした投稿

 

ネズミ、ウサギ、ゾウの3人がメインキャラで出てきます。

結構劇画っぽい感じで、絵のインパクトが強めです。

アメコミとか、日本だと「ジョジョの奇妙な冒険」とかそういった感じの画風ですね。

苦手な方もいそうな感じの絵になっています。

内容もワニやアザラシとは結構異なるみたいですね。

人間臭い感じのギャグマンガって感じです。

 

スポンサーリンク

 

きくちゆうきの「100日後に死ぬワニ」の今は?

きくちさんの代表作と言える「100日後に死ぬワニ」。

諸々ありましたが、作品の素晴らしさは変わらず人気のようです。

海外展開も進んでいるようで、中国語版も出版されたそうです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

きくちゆうき(@yuukikikuchi)がシェアした投稿

 

今もツイッターやインスタで読むことができるみたいです。

100日目の最後は何度読んでも切ない感じになりますね。

作者自身の体験も踏まえられているんだと思います。

 

連載されていた時もそうでしたが、本当に1話読み進める度にドキドキしますね。

結末が分かっているからこそ、そこに向かってどういったことが起きていくのか気になってしまいます。

読み直しとなると、こういう場面あった!っていう読み方も出来て楽しめますね。

何度読んでみても、やっぱり素晴らしい作品だと思います。

 

※2021年2月17日追記

2021年に映画化されることが決まりました。

主人公のワニの声は神木隆之介さんが務めるそうです。

その他のキャラにも豪華な役者さんたちが起用されているようです。

素晴らしい作品が完成しそうな予感がしますね。

そして、またもや話題になりそうな雰囲気を感じますね。

映画の完成と公開を心待ちにしています。

 

まとめ

・きくちゆうきさんの現在は漫画家兼イラストレーターとして変わらずご活躍中

・アザラシやネズミ・ウサギ・ゾウが出てくる漫画も人気で書籍化されている

・ワニも変わらず人気

 

という感じですね。

一時期は200万人を超えていたというきくちさんのツイッターのフォロワー。

ワニの騒動後の現在は120万人ほどになっています。

ピーク時よりは減っていますが、今なおファンが多いことが分かりますね。

これからの更なるご活躍が楽しみです。

陰ながら、応援しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題の人物
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました