小磯卓也さんとは?アンパンマン大好き優男の仕事はマーケティング専門家【日本男児と中居】

人物

 

2020年10月9日放送予定の日テレ番組「新・日本男児と中居」にアンパンマンを崇拝する優男として小磯卓也さんがご出演されます。

気になって調べてみると、マーケティングの専門家の方みたいです。

ちょっと深堀してご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

アンパンマンandバイキンマン #アンパンマンか、それ以外か

小磯 卓也(@takuyakoiso)がシェアした投稿 –

 

名前 小磯 卓也 (こいそ たくや)
生年月日 1983年2月11日
年齢 37歳 ※2020年10月時点
出身地 栃木県宇都宮市
職業 株式会社Personal Marketing代表
一般社団法人七夕協会代表理事

出典:https://takuyakoiso.com/

 

「Personal Marketing」はマーケティング支援会社です。

つまり、仕事はマーケティングの専門家となります。

(アンパンマン大好き!で活動されているわけではないので、本業と言うのはちょっと違いそうですね。)

七夕協会は非営利組織です。

 

「アンパンマンのような人間になりたい」を元に、色々活動されているそうです。

「スーパーヒーロー」という職業があればすぐにでもなりたいんだとか。

夢は「アンパンマンのような哲学者」を職業として目指しています。

 

勘違いしてほしくない点は、ギャグでも、ふざけているわけでもないことです。

みんなが幸せになるように実際に行動し、頑張っている方です。

本気の大人が本気で目指している夢、かっこいいです。

 

経歴

小磯さんは大学卒業後の2005年に大手通販会社に就職しました。

そこでマーケティング・コンサルティングを経験したそうです。

そして、出向先の会社で「Brandear」の創業メンバーとしてご活躍されました。

「Brandear」はブランド品の宅配買取を行うところです。

女優兼モデルの菜々緒さんがCMをしていたことで知っている人も多いと思います。

「ブランド売るならBrandear」っていうやつです。

 

元々、独立精神を持っていたそうです。

2015年にマーケティング支援会社の「Personal Marketing」を創業し、独立しました。

コンセプトは「みんなの幸せをつなぐ」。アンパンマンへの憧れが見えますね。

 

2016年には一般社団法人七夕協会を創業されました。

コンセプトは“みんなが、夢を描き合い、夢を知り合い、夢を守り合う”。

最初、なぜ七夕なんだろう?って思ったんですが、夢を乗せる七夕にこのコンセプト。

そして、アンパンマンに憧れる男ということを考えると、納得ですね。

 

※マーケティングって何?

よく聞く単語ですが、何をやっているのか疑問だったので調べてみました。

凄く簡単に言ってしまうと、「よく売れるようにする活動」ってことみたいです。

有名な活動は市場調査とか宣伝だと思います。

実際は売るまでの全工程(製造とか輸送とか)に関する活動を指すそうです。

 

スポンサーリンク

 

アンパンマンへの憧れ

小磯さんのインスタグラムを見るのが一番よく分かります。

アンパンマンがいっぱいです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

アンパンマン #アンパンマン #やなせたかし #あんぱんまん #みんなの夢を守るため

小磯 卓也(@takuyakoiso)がシェアした投稿 –

 

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」の写真もありました。

こんなのもあるんですね。私は全然知りませんでした。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

アンパンマンソフト #横浜アンパンマンこどもミュージアム #アンパンマン

小磯 卓也(@takuyakoiso)がシェアした投稿 –

 

ちなみに、子供がいて好きになったとかではないようです。

ご結婚されているかも分かりません。

単純にアンパンマンが大好きで、憧れているんですね。

 

アンパンマンの生みの親である「やなせたかし」さんをすごく尊敬されています。

インスタでは「やなせたかし先生研究家」を名乗っています。

 

「新・日本男児と中居」では小磯さんのアンパンマン愛が聞けるみたいですね。

150Pを超える研究ノートとか、「愛と勇気だけが友達」の本当の意味とか。

気になる内容が目白押しです。

 

まとめ

今回は小磯卓也さんについてご紹介しました。

ただのアンパンマン好きではありませんね。

アンパンマンを目指す本気の大人の今後に注目したいです。

まずは「新・日本男児と中居」の放送を楽しみにしています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました