風間球打(かざまきゅうた)のwikiプロフィール!明桜高校投手の球種やバッティングは?

アスリート

2020年はコロナウィルスの影響から開催されなかったことで、今年2021年の夏の甲子園にはいつも以上に注目が集まっています。

そんな大注目の夏の甲子園でも一段と注目を集めているのがノースアジア大学明桜高校の風間球打(かざまきゅうた)選手です。

早くもプロのスカウトからは高校生ナンバーワン投手としての声も多く上がっている風間球打選手。

今回は2021年8月9日から始まる今年の甲子園一番の目玉と言われる風間球打選手に関して深堀りしていきます。

具体的には、彼の年齢や身長に出身などwikiプロフィールは?名前の読み方や由来は?

最大の武器である球速やピッチャーとしての変化球の球種、バッティングはどうなのか?

今までの野球のwiki経歴に彼が通うノースアジア大学明桜高校はどんな高校なのか?

諸々気になる点について、早速見ていきましょう。

風間球打の年齢や身長に出身などwikiプロフィール

名前風間 球打
読み方かざま きゅうた
生年月日2003年10月11日
年齢17歳 ※2021年8月時点
出身地山梨県甲州市
身長182cm
体重81kg
ポジション投手/外野手
投打右投げ右打ち

出典元:https://sp.baseball.findfriends.jp/

風間球打選手の年齢は17歳で、高校3年生です。

なので、風間球打選手にとってはこれが高校最後の甲子園となります。

身長は182㎝、体重は81kgと高校生にして既ににプロ野球選手の平均である身長180.87cm、体重85.37kgに匹敵する体格を持っています。

出身は山梨で中学生までは地元山梨で野球をしていました。

また、風間 球打選手は投手として注目を集めていますが外野手も出来るという事でその能力の高さが伺えます。

甲子園での活躍にも期待したいですが、まずはケガをせずにプロ入りを目指して欲しいですね。

スポンサーリンク

風間球打の名前の読み方は「かざまきゅうた」!由来は?

風間球打選手の名前の読み方は「かざまきゅうた」です。

お父さんも元高校球児であったことから兄弟全員が珍しい名前です。

  • 長男:球道(きゅうどう)
  • 次男:球星(きゅうせい)
  • 三男:球打(きゅうた)
  • 四男:球志良(きゅうしろう)

風間球打選手の名前の由来は水島新司さんの人気野球漫画「球道くん」から来ているそうです。

そして、お父さんが風間選手を含め息子全員の名前に「球」を付けられたそうです。

まさに野球一家という感じですね。

風間球打の武器は「世代最速の男」と呼ばれる球速

風間球打選手の最大の特徴でもあり武器とも言えるのは、世代最速と言われている直球です。

現在の直球のMAXは高校生にしてなんと157km/hです。

中学時代からすでに135km/hを計測していた球速は高校入学後もぐんぐん伸びていきます。

高校2年生の時には150km/hを叩き出し、この頃からプロの関心は非常に高まっています。

そして、今年2021年の甲子園秋田県大会で最速の157km/hをマークしています。

しかも世代最速の直球はスピードだけではなく、キレや角度も抜群で超高校級のストレートと称賛されています。

ストレートと言えば日本最速記録である165km/hを計測した大谷翔平選手。

「火の玉ストレート」を武器にクローザーとして活躍した元阪神タイガースの藤川球児選手など。

歴代の名選手たちのお名前を思いつく人も多いと思います。

風間球打選手には今後の日本球界を引っ張っていくようなストレートを披露することに期待がかかりますね。

スポンサーリンク

風間球打の変化球の球種は?

風間球打選手の武器は直球だけではありません。

持ち球の球種として変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークボールの4種類です。

超高校級と言われるストレートに加えて、これらの変化球も上手に織り交ぜる事で並み居る強打者を翻弄しています。

スライダーは縦軸を活かした縦スライダーのような形で120km/hで縦にも変化します。

また、100km/h台のカーブと135km/hのフォークも既に超高校級と呼べるものだと思います。

そして風間球打選手が評価されている内容の一つとしてその投球術が挙げられます。

場面を考え、変化球主体で行くのか、ストレート主体で行くのかの使い分けも非常に器用に出来ます。

風間球打のバッティングは?

風間 球打選手はバッティングも得意です。

チームでは4番を任されており、投手として出場しない際はレフトとして出場しています。

高校通算本塁打は5本と投手とは思えない堂々の成績を残しています。

ネクスト大谷翔平として2刀流で活躍する可能性も大いにあるので、今後が非常に楽しみです。

風間球打の野球に関するwiki経歴

風間 球打選手のこれまでの野球経歴をwiki風にまとめてみました。

  • 小学生時代:小学1年生の時に山梨県の奥野田スポーツ少年団で野球を始める
  • 小学3年生からはピッチャーとして活躍。
  • 中学生時代:中学時代は笛吹ボーイズに所属
  • 中学2年時には全国大会に出場するも初戦敗退。
  • 高校時代:知り合いからの紹介で、山梨県出身の輿石重弘さんが監督を務める秋田県のノースアジア大明桜に進学
  • 1年春からベンチ入りを果たし、東北大会では4試合中2試合に先発し準優勝。
  • 1年夏の秋田大会では準決勝の大曲戦で先発し7回途中まで投げて2失点。チームは準優勝。
  • 1年秋の秋田県大会では4番レフト兼控え投手として出場。
  • 県大会は準優勝するも、東北大会では初戦敗退。
  • 2年夏の秋田県独自大会では2試合に登板し、優勝を勝ち取る。
  • 準々決勝の修英戦で最速150kmを記録。
  • 2年生秋の秋田県大会では試合途中からリリーフでマウンドに上がる。
  • 10イニングを1安打12奪三振の好投を見せるも最後に打たれた唯一のヒットがサヨナラ打になる。
  • 1回戦から延長13回までもつれ、結果2対3でサヨナラ負けとなり初戦敗退。

以上になりました。

1年春からベンチ入りしていた風間球打選手ですが、今回が初めての秋田県大会優勝ということで高校入学後の成長が伺えます。

初めての大舞台でどんな活躍をするのか注目が集まります。

スポンサーリンク

風間球打が通うノースアジア大学明桜高等学校はどんな高校?

風間球打選手が通うノースアジア大学明桜高等学校とは2020年まで秋田経済法科大学付属高等学校という名前でした。

秋田県の野球強豪校で、1953年に設立された私立学校です。

過去春夏合わせて14度の甲子園出場を果たしています。

また、プロ野球選手も多く輩出しており現福岡ソフトバンクスの摂津投手や元千葉ロッテマリーンズの木村投手などの母校としても知られています。

男女共学で校訓は「努力は人を作る。情熱と闘志で最善を行く」です。

今回の甲子園出場は2017以来実に4年ぶりとなっており、1989年に夏の大会で記録したベスト4を更新する記録にも期待が持てそうです。

風間球打(明桜高校投手)のwikiプロフィールまとめ

  • 風間球打選手のwikiプロフィールは記事内の通り
  • 年齢は17歳、身長は182cm、体重80kg、山梨県甲州市出身
  • 名前の読み方は「かざまきゅうた」で由来は野球漫画「球道くん」
  • 最大の武器であるストレートのMAXは157km/h
  • 変化球の球種はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークの4種類
  • バッティングも得意でチームでは4番、高校通算本塁打は5本
  • wiki経歴は記事内の通りで、小学1年生から野球を始め、中学で全国大会出場、高校1年生の春からベンチ入り
  • ノースアジア大学明桜高等学校は過去春夏合わせて14度の甲子園出場をしている強豪校

以上のようになりました。

今回のドラフトでは1位指名間違いなしと言われている風間球打選手に関してまとめました。

過去の経歴もさることながら、兄弟全員が野球をやっている野球一家で育ったことも分かりました。

甲子園での活躍とともに、世代最速と言われているストレートが甲子園でさらに記録を更新するのか注目したいと思います。

※別記事もおすすめです。

風間球打の両親(父親/母親)や兄弟姉妹など家族構成は?野球一家のエリート?
2021年夏の甲子園の注目選手であるノースアジア大学明桜高等学校野球部の風間球打(かざまきゅうた)投手。彼の両親(父親/母親)や兄弟姉妹など家族構成は?野球一家のエリート?プロフィールや経歴と併せて気になる点をご紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました