宮竹貴久教授の経歴や学歴(高校大学に大学院)は?昆虫学権威の偏差値が39って本当?

話題の人物

2021/8/8のテレビ「日曜日の初耳学」にて生物学者の宮竹貴久(みやたけたかひさ)教授の出演が決まりました。

宮竹貴久教授といえば、進化生物学を専門とし、とりわけ昆虫の生殖・進化を研究する学者です。

著書「したがるオスと嫌がるメスの生物学」は学者だけでなく世間でも大きな話題を呼びました。

また、2021年に宮竹貴久教授の研究チームがカフェインで虫の求愛行動が活発化することを発見しニュースになりました。

他にも、数々の受賞歴や生物に関連するプロジェクトの功績を持つ世界的な学者です。

今回は、そんな宮竹貴久教授の年齢などのwikiプロフィールや経歴は?

高校大学に大学院の学歴は?偏差値39って本当?

テレビ「日曜日の初耳学」や「ホンマでっか!?TV」に出演した時の話は?など。

諸々気になる点についてお話していきます。

宮竹貴久教授(昆虫学者)の年齢などwikiプロフィール

名前宮竹 貴久
読み方みやたけ たかひさ
生年月日1962年2月22日生まれ
年齢59歳 ※2021年8月時点
出身大阪府
所属岡山大学
職業生物学者、大学教授
活動実績ウリミバエ根絶プロジェクト など

宮竹貴久教授のプロフィールについてネットで上がっていた情報を整理すると上記の通りです。

ウリミバエ根絶プロジェクトは沖縄県にいたときに参加していた活動です。

ウリミバエは外来種で穀物を荒らす害虫として沖縄県に被害をもたらしていました。

ですが、不妊虫と呼ばれる虫を放し個体数を減らしていくという方法が功を奏し根絶に成功しました。

このプロジェクトをきっかけに宮竹貴久教授は注目を集めています。

私はこの実績を知り、凄いの一言しか出てきませんでした(笑)

20年という歳月で生態系をガラッと変えるには相当の研究量が必要だったと思います。

その研究に注ぎ込む姿に感服しました。

スポンサーリンク

宮竹貴久教授(昆虫学者)のwiki経歴

宮竹貴久教授はかなり異色の経歴を持っています。

分かった範囲でwiki風にまとめると下記のような感じです。

  • 大学を出た後、沖縄県職員として務める。
  • しばらくして沖縄県農業試験場研究員に務める。
  • 7年後にはロンドン大学の客室研究員として務める。
  • 岡山大学助教授→教授として務める。

県職員が教授になるなんて、かなりレアケースのように思えますね。

また、経歴を見て分かるように、教授になるまでには相当の年月がいるんですね。

宮竹貴久教授はそれだけ研究に真剣だったということが伝わってきました。

そういった研究への思いが身を結んでいるんですね。

宮竹貴久教授(昆虫学者)の高校大学に大学院の学歴は?

宮竹貴久教授の学歴としては、高校は高槻高等学校を卒業されています。

大阪府のなかで偏差値が高く、2021年現在では68をマークしている高校ですね。

そして、大学は琉球大学農学部農学科を卒業されています。

大阪から一気に沖縄まで移動していますね。移動距離が凄いですね(笑)

それから、琉球大学大学院農学研究科昆虫学専攻を修了しています。

こういった学歴から、昆虫は大学院をきっかけに興味を持ってきたのかもしれないですね。

もしくは、農学部で害虫のことを学ぶ中で興味を持ったのかもしれませんね。

宮竹貴久教授(昆虫学者)の偏差値が39って本当?

宮竹貴久教授の偏差値が39というのはどうやら本当のようです。

大学は前述したとおり琉球大学農学部農学科で、学科の偏差値が39に相当します。

決していい数字とは言えないでしょう。

ただ、高校は先ほどご紹介した通り、偏差値の高い学校に通っていました。

また、大学では慢心するのではなく何をするかだと思います。

宮竹貴久教授は琉球大学で培ってきたものを生かしてきたのだと強く感じました。

私も大学の肩書だけを気にするのではなく、何をするかを気にする姿勢を見習いたいと思います。

スポンサーリンク

宮竹貴久教授(昆虫学者)が「日曜日の初耳学」に出演

宮竹貴久教授は林修先生の熱烈オファーを受けてテレビ「日曜日の初耳学」にご出演されます。

林修先生がそこまでしてご出演してほしかった宮竹貴久教授がどんなお話をされるのか。

放送が非常に楽しみですね。

※※※番組放送後、追記予定※※※

宮竹貴久教授(昆虫学者)は過去に「ホンマでっか!?TV」に出演

宮竹貴久教授は過去に「ホンマでっか!?TV」に出演しています。

番組では生物が自分が育った状況に応じて自分が生きるための戦術を変える(表現上の可塑性という)と解説しました。

例としては、ミジンコがあげられます。

ミジンコは天敵である生き物フカサに食べられないようにするために、トゲつきの姿に変えるそうです。

そのため、食べられても吐き出してしまいます。

宮竹貴久教授はミジンコのように環境で姿を変える生物がいることをお話されたそうです。

面白いお話ですね。生物から学べることは多く、私生活に行かせるのだと改めて認識しました。

私も生物の特性や心理を勉強してみたいと思いました(笑)

スポンサーリンク

宮竹貴久教授の経歴や学歴(高校大学に大学院)は?偏差値39って本当?まとめ

  • 宮竹貴久教授のwikiプロフィールは記事内の通りで、ウリミバエ根絶プロジェクトなどの実績が多数ある。
  • wiki経歴でご紹介した通り、元沖縄県職員でロンドン大学客室研究員→岡山大学助教授→教授と務めてきた。
  • 学歴としては高校が高槻高等学校、大学が琉球大学農学部農学科、大学院が琉球大学大学院農学研究科昆虫学専攻
  • 偏差値39は本当だが、大学の時の話で、高校時代は偏差値の高い学校に通っていた
  • テレビ「日曜日の初耳学」や「ホンマでっか!?TV」などにご出演

という感じです。

私も大学が高学歴というわけではないですが、積み重ねてきたものが大切だと学びました。

今後、宮竹貴久教授の昆虫研究が更なる飛躍を遂げることを応援しています。

※別記事もおすすめです。

カリスの本名やwiki経歴(学歴)!16歳で東大合格の天才AI博士【初耳学】
2021年6月20日のテレビ「日曜日の初耳学」にご出演するカリスさん。16歳で東大合格の天才AI博士で、リアル「ドラゴン桜」といわれたりする彼。年齢や出身などプロフィールは?本名は?wiki経歴(学歴)は?勉強方法は?気になる点をご紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました