大﨑孔稀のプロフィールとwiki経歴に戦績(成績)は?兄は大崎一貴の格闘家兄弟!

アスリート

 

2021年6月13日の「RIZIN.28」。

この中で那須川天心選手の1ROUND目の対戦相手の大﨑孔稀(おおさきこうき)選手。

プロフィール(年齢/身長/体重/出身など)は?

wiki経歴は?戦績(成績)は?獲得タイトルは?

兄は大崎一貴(おおさきかずき)の格闘家兄弟の彼について今回はお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

大﨑孔稀のプロフィール(年齢/身長体重/出身など)

 

名前 大﨑 孔稀
読み方 おおさき こうき
ニックネーム デンジャラスボーイ
生年月日 1999年10月5日
年齢 21歳 ※2021年6月時点
出身地 愛知県名古屋市
身長 165cm
体重 53kg
血液型 A型
構え オーソドックス
得意技 膝、右ストレート
所属ジム OISHI GYM

出典元:https://rise-rc.com/

 

大﨑孔稀選手はプロのキックボクサーの男性です。

元々は空手を習っていたようですね。

昔は「ゴールデンボーイ」と呼ばれていたようですが、現在は「デンジャラスボーイ」。

その名前の通り、危険極まりない攻撃力を備えたファイターのようです。

「あらゆる技で倒せる攻撃的テクニシャン」と紹介しているウェブメディアもありました。

パンチ、ヒジ、キック、全てが一撃な上、連打にもつなげてKOができるそうです。

また、攻撃力だけでなくディフェンス力も抜群のようですね。

ダメージを受けないことから、超ハイペースで試合を繰り返すことができているそうです。

 

スポンサーリンク

 

大﨑孔稀のwiki経歴

大﨑孔稀選手の経歴をwiki風にまとめると下記のような感じです。

  • アマチュア時代から噂されるほどの実力者
  • 2014年夏にダントツの実力を誇った後のアマ24冠王者である安本晴翔選手に勝利
  • 2016年5月にプロデビュー
  • 2018年9月(?)にWMCスーパーフライ級王者のタイトル獲得
  • 2018年10月にJ-NETWORKスーパーフライ級王者のタイトル獲得
  • 2019年にRISEへ参戦(立技格闘技の団体)
  • 2021年4月にBOMバンタム級王者のタイトル獲得

 

大﨑孔稀の戦績(成績)

結論から言うと、大﨑孔稀選手の戦績(成績)は30戦24勝5敗1NC(16KO)です。

わずか5年ほどのキャリアで30戦なので、1年で平均6試合となります。

つまり、2カ月に一度は試合をしている計算となるペースです。

そして、勝利した試合の半数以上はKOという数字。

以上を踏まえると、攻撃力・防御力ともに兼ね備えたファイターであることが分かります。

 

スポンサーリンク

 

大﨑孔稀の獲得タイトル

結論から言うと、大﨑孔稀選手の獲得されているタイトルは2021年6月時点だと下記の3つです。

  • BOMバンタム級王者
  • WMCスーパーフライ級王者
  • J-NETWORKスーパーフライ級王者

 

21歳の若さで3つのタイトルを獲得している事実。

このことからも非凡なキックボクサーであることが分かります。

今後、どれほどのご活躍をされて何本のタイトルを獲得されるのか。

非常に期待されているキックボクサーですね。

 

次ページでは、大﨑孔稀選手の兄の大崎一貴選手についてお話します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました