『ソログルキャンプ』って何?『ソロキャン』と『グルキャン』などと合わせて解説

物事

 

『ソログルキャンプ』という言葉を知っていますか?

 

私は先日、テレビで聞いて初めて知りました。

それ以外にも『ソロキャン』、『グルキャン』などがあるそうです。

『ソロキャン』は分かるけど、『グルキャン』とは・・・まさか?

 

最近話題の単語らしいので、ちょっと調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

まずは『ソロキャン』、『グルキャン』について

結論から言ってしまえば、キャンプの形式ですね。

 

まず、『ソロキャン』とは”ソロ”(一人)で”キャンプ”の略称です。

“キャンプ”と言えばみんなでワイワイっていうイメージの方も多いと思います。

ですが、一人でキャンプをやることもすごく楽しいです。

 

『ソロキャン』の魅力

大自然の中で何もないところから一人黙々と準備をして

ただただゆっくりと自然を感じ、眠りにつく。

これだけでも、凄く贅沢なことだと思いませんか。

みんなでワイワイも、もちろん楽しいですが、一人も捨てたものではありません。

 

 

次に、『グルキャン』とは”グループ”(集団)で”キャンプ”の略称です。

「それこそ普通の”キャンプ”じゃない?」と思いますよね。その通りです。

友人たちと一緒にキャンプをすることを『グルキャン』って呼ぶみたいです。

何でそんな風に言うようになったかと言えば、

恐らくですが、『ソロキャン』とかの言葉が出てきたからだと思います。

色々区別がつくと、諸々都合がいいですからね。

そんなわけで、『グルキャン』は普通のキャンプと思ってもらえればいいです。

 

『グルキャン』の魅力

みんなで準備してキャンプ場まで行く道中も楽しいですし、

テントを張ったりタープを張ったり、食事を作ることを協力している間も楽しいです。

そして何より、夜に焚火などを囲んでゆったりと話をする時間が大好きです。

加えて言うと、朝起きたての寝ぼけた感じで話す時間も好きだったりします。

 

 

最近は漫画やYoutube動画によるキャンプ人気が高まってもいるので、

『ソロキャン』にチャレンジする方も増えているようです。

 

『ソログルキャンプ』について

今回のメインとなるお話です。

『ソロキャン』は分かりました。『グルキャン』も分かりました。

では、『ソログルキャンプ』とは?

 

“ソロ”が一人、”グル”が集団、それで”キャンプ”?

・・・考えても分からん。ということで調べました。

 

結論としては

キャンプする場所が一緒なら他は好きにやっていいというキャンプの形式です。

 

どういうこと?ってなりそうですね。

詳しく説明します。

 

『ソロキャン』は何から何まで一人で行います。

『グルキャン』は逆に言うと何から何までみんなで行います。

『ソログルキャンプ』は一人でやってもいいし、みんなでやってもいいってことです。

 

例えば、食品の買い出しを一人でやってきてもいいですし、

何人かまとまっていってもいいです。

同じように、テントやタープの設営や料理も同じです。

行き帰りの道中も好きなタイミングに好きにしていいです。

ただ、キャンプするところはみんな一緒で、お話したり遊んだりするってことです。

 

これが『ソログルキャンプ』です。

『ソロキャン』と『グルキャン』のいいとこ取りって言ってもいいですね。

 

スポンサーリンク

 

その他のキャンプ形式

『ファミキャン』っていう形式もあるそうです。

“ファミリー”(家族)の”キャンプ”で『ファミキャン』です。

これも、色々な形式が出来たから呼ばれるようになった単語のようですね。

 

もちろん、『グルキャン』だからファミリーがいないとか

『ソログルキャンプ』だからファミリーがいないということはありません。

 

ファミリー1組、友人グループで『グルキャン』とか

ファミリー数組、友人グループ数組、ソロで『ソログルキャンプ』とかは全然あります。

 

あくまで、呼び名の1つって感じです。

 

また、グランピングっていうのもキャンプの1つの形式ですね。

快適に過ごせるようにアメニティなどを充実させた形式のことです。

キャンプが苦手な方も楽しめるように色々な工夫があったりします。

 

まとめ

キャンプはとても楽しいです。

自分に合った形式で、最大限に楽しい時間をお過ごしいただければと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
物事
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました