聖火ランナー辞退者の代わりや穴埋めはどうするの?【東京オリンピック】

困りごと解消

 

東京オリンピックの聖火リレーで著名人の聖火ランナー辞退が相次いでニュースになっています。

その時の代わりのランナーや穴埋めはどうするのか気になったので調べてみました。

 

※別記事もおすすめです。

橋岡優輝の東京オリンピック出場は?イケメン陸上選手が「いいねの森」出演!
テレビ「いいねの森」にご出演する橋岡優輝(はしおかゆうき)さん。イケメン陸上選手のプロフィール(年齢/身長/大学など)は?所属チームは?東京オリンピック出場は?YouTubeデビュー?気になる点をご紹介!
平野歩夢選手とは?スポンサーは大手有名企業ばかり!二刀流(スノボ/スケボー)の東京オリンピック出場は?
スノーボード(スノボ)とスケートボード(スケボー)の二刀流で有名な平野歩夢(ひらのあゆむ)選手。スポンサー契約を交わす大手有名企業はどこなのか?東京オリンピック出場は可能なのか?調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

東京オリンピック聖火リレーの概要

ランナー

 

東京オリンピックの聖火リレーは2021年3月25日~7月23日に47都道府県すべてで実施予定です。

詳細なルートやランナーの情報は適宜、更新されています。

そして、芸能人(著名人)や一般人を合わせるとランナーは総勢1万人にもなるそうです。

主な芸能人(著名人)のランナーについては別記事でご紹介しています。

聖火ランナーの芸能人(著名人)と辞退者の主な一覧【東京オリンピック聖火リレー】
東京オリンピック開催に向けた聖火リレー。聖火ランナーに選ばれた芸能人(著名人)や辞退者の主な人物を一覧化!

 

正確な情報は東京2020オリパラ競技大会組織委員会HP。

もしくは各都道府県が公表している聖火リレー関連のニュースを参考にするのが間違いないですね。

 

スポンサーリンク

 

なぜ聖火ランナーを辞退するの?

聖火ランナーは人生で何度も経験できることではありません。

そんな貴重な機会を自ら辞退する理由は何なんでしょうか。

著名人の中で早くに聖火ランナーを辞退したロンドンブーツ1号2号の田村淳さん。

彼の辞退理由は当時の東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長に賛同できないという理由でした。

また、常盤貴子さんや斎藤工さんなどの辞退理由はスケジュールの都合が合わなくなったという理由でした。

言ってしまえば、大変名誉なことでうれしいことだが、運営側を信用できなかったり、先の見えづらい世の中でスケジュールを合わせるのが難しいという理由になるみたいです。

健康面のリスクなども心配されているといった話もあるようですね。

 

個人的には、もったいないなーと思う反面、分からなくもないなーという感想です。

もちろん残念ですが、義務ではありませんからね。

逆に、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんなどのように、選ばれたことは嬉しいこととして走る意思を示す方もいます。

ありがたいことだなーと思うとともに、健康面などには十分気を付けてほしいなーと思います。

 

聖火ランナー辞退者の代わりや穴埋めは?

常盤貴子さんが聖火ランナーを辞退した際のニュースが参考になりました。

石川県は26日、東京五輪の聖火リレーを盛り上げるPRランナーとして県内を走る予定だった俳優の常盤貴子さん(48)が辞退したと発表した。仕事の都合が付かなくなったのが理由。代わりは俳優の若村麻由美さん(54)が務める。

出典元:https://mainichi.jp/

 

聖火ランナーの辞退者が出た際は代わりのランナーが選出されて穴埋めするようです。

常盤貴子さんの場合は著名人だったため、代走も著名人である若村麻由美さんになったようですね。

一般の方が辞退した場合は、繰り上げ当選で別の方が聖火ランナーになったりもするようです。

その場合は、繰り上げ当選者に1週間ほど前までに連絡がくるっていう話を見かけました。

そのため、落選している方ももしかしたらチャンスがあるかもしれませんね。

もちろん、可能性としてはだいぶ低いですが、総勢1万人もいるランナーたちなので諸々の都合で辞退せざるを得ない方もいるでしょうからね。

 

スポンサーリンク

 

聖火ランナーの再応募はあり得る?

聖火ランナーの辞退者が出た際は代わりのランナーが穴埋めをする。

そう聞くと、もしかしたら聖火ランナーの再応募があるかもしれないと思いませんか?

少なくとも、私は思ったのでちょっと調べてみました。

結論を言うと、残念ながら聖火ランナーの再応募はなさそうです。

理由としては単純で、既にたくさんの応募者が集まっているからです。

繰り上げ当選者はその応募者の中から選ばれることでしょう。

そう考えると、再募集の可能性はないと断言してもいいくらいですね。

悔しいから沿道を一緒に走るっていうのも昔ならありだったかもしれません。

ただ、現在の社会情勢を考えるとそれもやめた方がいいとは個人的に思います。

 

まとめ

・聖火ランナー辞退者の代わりや穴埋めは別のランナーが選ばれて行われる

 

という感じですね。

著名人なら著名人、一般人なら一般人の方が代走のランナーとしては選ばれるようです。

そして、残念ながら再募集はないようですね。

既に応募済みの方は確率は低いと思いますが、繰り上げ当選を期待するのもありかもしれません。

いずれにしても、安全で健康的に聖火リレーが行われることを祈っています。

著名人の方も一般人の方も同様に言えることですね。

そうすることで、東京オリンピックも盛り上がっていくと思いますからね。

健康的で平和的にオリンピックが楽しめるようになるといいなーと願っています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
困りごと解消
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました