テレビ番組視聴率の調査(計算)方法とは?1%や10%は何人相当?

困りごと解消

 

テレビ番組の人気を測る1つの指標である視聴率。

ニュースやテレビでも「○○は視聴率△△で大人気!」とかやっていたりしますよね。

では、その調査(計算)方法ってどうやっているのか?

1%や10%は何人に相当するのか?

昔から疑問に思っていた気になる点について今回はご紹介します。

 

※別記事もおすすめです。

ラジオの視聴率である聴取率とは何か?調査(計算)方法や対象地域は?
テレビ番組の人気を測る1つの指標である視聴率。ラジオ番組の場合は聴取率というそうです。一体、聴取率とは何なのか?調査(計算)方法や対象地域はどこなのか?気になる点を調査!
ヤフー知恵袋の回答者のメリットは?知恵コインって何?カテゴリマスターなどバッジの種類と取り方は?
Yahoo!JAPANが運営するYahoo!知恵袋(ヤフー知恵袋)。質問の回答者のメリットは?知恵コインて何?カテゴリマスターなどバッジの種類と取り方は?チエリアン/BA/グレードなどの用語の意味は?最高グレードは?気になる点をご紹介!

 

スポンサーリンク

 

テレビ番組視聴率の基本的用語

テレビ番組視聴率の本題に入る前に、いくつか押さえておくべき基本的な用語をまとめました。

大体のざっくりとした意味と併せてご紹介すると下記の感じです。

この中で特に大事な用語は「世帯視聴率」と「個人視聴率」です。

視聴率 番組がどれくらい見られているかを示す推定値。
世帯視聴率 テレビを所有している家々の中で、番組がどれくらいの家のテレビでつけられたかを示す推定値。単純に視聴率という時は世帯視聴率を指すことが多い。
個人視聴率 性別・年齢・職業などで分け、番組をどういった人が見ているかを示す推定値。
全国視聴率 各地区の視聴データを束ねて算出した視聴率。
リアルタイム視聴率 リアルタイムの視聴率。
タイムシフト視聴率 リアルタイムではなく、7日以内に見たかの視聴率。

 

テレビ番組視聴率の歴史的な流れ

「歴史的な流れ」と大袈裟に書きましたが、単純に言ってしまえばテレビ番組視聴率で「何を主流とするか」が過去と現在で変わってきています。

簡単に言ってしまうと、昔は「世帯視聴率」を重視していましたが、最近は「個人視聴率」が重視されるようになってきました。

これは、少子化やテレビ以外の媒体(スマホやPCなど)の普及などが影響しているそうです。

つまり、大人数の家族で一緒にテレビを見る場合だけでなく、少人数の家族や別々のテレビなどで視聴することもしっかりと踏まえようって感じの考え方です。

また、昔は「リアルタイム視聴率」がメインでしたが、最近は「タイムシフト視聴率」も注目されているようです。

これは単純に録画や見逃し配信などで見る人が増えているからってことですね。

 

スポンサーリンク

 

テレビ番組視聴率の調査(計算)方法とは?

テレビ

 

結論から言うと、テレビ番組視聴率の調査(計算)方法はピープルメータ(PM:People Meter)という機械を使用して行われるそうです。

この機械を調査協力してくれた家に取り付けて、データを集計するみたいです。

このPMは世帯視聴率と個人視聴率を同時に測定出来ます。

また、タイムシフト視聴率も測定可能なんだそうです。

以前は日記式と呼ばれるアンケート方式の調査もあったみたいです。

ただ、2020年3月30日に視聴率の集計方法が大幅リニューアルされました。

その結果、現在はPMになっているみたいです。

ちなみに、テレビ番組視聴率を調査(計算)する会社は国内で1社しかないそうです。

 

スポンサーリンク

 

テレビ番組視聴率の調査(計算)対象は?

テレビ番組視聴率の調査(計算)対象は全国を32の地区に分けて実施しているそうです。

調査(計算)対象となる世帯数は統計学を元に設定されているそうですね。

なお、調査(計算)対象の家の数(世帯数)は関東地区が一番多いです。

その次に関西地区、名古屋地区の順に続き、地区によって異なります。

山梨、福井、徳島、佐賀、宮崎の地区は元々集計されていなかったみたいです。

でも、2020年3月30日の大幅リニューアルで集計対象の地区になったようです。

これは全国の視聴率というのに、集計されない地区があるのはどうなのよ?ってとこからの改善みたいです。

 

ちなみに、調査(計算)対象の世帯に選ばれるのは相当レアです。

関東地区の世帯数は約2000万世帯あるそうです。

そのうち、関東地区の視聴率の調査(計算)対象となる世帯数は僅か2700世帯です。

これを計算すると、関東地区で調査(計算)対象となる世帯に選ばれるのは0.0001%くらいの確率になるみたいです。

 

テレビ番組視聴率の1%や10%は何人相当?

建物イメージ

 

持論込みでいうと、テレビ番組視聴率の1%は大体100万人、10%は1,000万人と思ってよいと思います。

視聴率はあくまで推定値です。

つまり、これくらいの人が恐らく見てるんだろなーっていう値です。

正確な人数はどうしても把握しきれません。

そのため、あくまで目安(指標値って言ったりもします)でしかありません。

ここまでご紹介した調査(計算)方法などを見ても、これはご理解いただけると思います。

その上で、様々な計算式で何人に相当するか算出している方々もいます。

ただ、個人的にはもっと単純に日本の人口を元にして何%だから何人と考えるのが一番分かりやすいと思っています。

もちろん、その分精度は荒くなってしまいますが、そこは割り切りかなーていう感覚です。

 

スポンサーリンク

 

テレビ番組視聴率のまとめ

  • 昔のテレビ番組視聴率は「世帯視聴率」や「リアルタイム視聴率」がメイン
  • 現在は「個人視聴率」や「タイムシフト視聴率」が注目されている
  • テレビ番組視聴率の調査(計算)方法はピープルメータ(PM:People Meter)という機械を使用して行われる
  • 調査(計算)対象は全国を32の地区に分け、統計学を元に設定した世帯数で行われる
  • 調査(計算)対象の世帯に選ばれるのは相当レアで、関東地区だと0.0001%くらいの確率
  • テレビ番組視聴率の1%は大体100万人、10%は1,000万人と思ってよい(持論)

 

という感じですね。

長年疑問だったテレビ番組視聴率の調査(計算)方法ですが、機械でやっていたんですね。

また、時代に合わせて調査(計算)方法も変わってきている点は調べていて面白かったです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
困りごと解消
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました