漫才協会を永久追放された人がいる?吉本興業との関係や違いは何?

漫才協会 芸人

 

人気お笑いコンビ「ナイツ」が加入する『漫才協会』。

近年はM-1チャンピオン「錦鯉」の加入など、その名を耳にする機会も多くなった印象です。

そんな漫才協会について、気になった下記の内容をまとめてみました。

・漫才協会を永久追放された人がいる?
・吉本興業との関係や違いは何?

永久追放と聞くと厳罰のように聞こえますが、何があったのか?

そして、吉本興業などの事務所との関係や違いを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

漫才協会を永久追放された人がいる?

 

結論から言うと、漫才協会を永久追放された人物の話は見つかりません。

過去にそういった人がいたのか?それとも、架空の話なのか?

そこら辺もはっきりしませんでした。

漫才協会で理事を務めているナイツ塙さんなどなら、何か知っているかもしれません。

ただ、永久追放に関連するお話はしていないようです。

 

スポンサーリンク

 

そもそも漫才協会に入会するには?

漫才協会に入るために特別な資格や実績などは必要ありません。

簡単にまとめると下記の通りです。

  • 漫才師として活動している、もしくは活動するつもりであること
  • 入会後から5年間、漫才協会の手伝いを月数回程度は行うこと
  • コンビで3万円(1人1.5万円)の入会金を支払うこと

 

正確な入会資格は下記の通りです。

(1)漫才コンビを組み、現在漫才師として活動している者
(2)(1)を満たせていない場合、入会を機に漫才師として舞台に立つことが確約できる者
(3)芸歴に関係なく、入会5年以内は当協会主催の定席公演の進行補助役 (当番または手伝いと呼ぶ)を行える者(月3、4回~)
※入会後は、当番を10回程度行った後に、理事の承認が得られ次第、舞台に上がることができます
(4)入会時に、入会金を支払う意志のある者
※コンビで30,000円(15,000円/1人)
(5)反社会的勢力に属していない、または関与していないこと
(6)当協会の規則等に順守できる者

出典元:http://www.manzaikyokai.org/

 

そして、実際に入会するまでは書類応募と数回の面接をするみたいですね。

なお、年会費として1万円の支払いが必要になるそうです。

ちなみに、落語家の方は入ることが出来ないそうですよ。

 

漫才協会をやめる方法は?

漫才協会をやめる方法は簡単にまとめると下記の3通りです。

  • 退社届を提出してやめる
  • 社員総会の決議で除名(規約違反など)
  • 社員資格を喪失(会費の未払いなど)

 

これらは漫才協会の定款に載っています。

ただ、永久追放に関する記載はありませんでした。

強いていうなら、除名が一番永久追放に近い取り扱いだと思います。

 

スポンサーリンク

 

漫才協会と吉本興業の関係や違いは?

 

漫才協会と吉本興業の関係が気になって調べてみましたが、結論としては特に何もありません。

そもそも、漫才協会は一般社団法人(非営利)で活動する芸人の集まりです。

イメージでいえば、芸を磨くためにみんな集まって色々活動しましょうという感じです。

一方、吉本興業は会社(営利)として活動する芸能事務所です。

こちらは仕事として芸を披露し、お金を稼いでいきましょうという感じです。

このように、両者ともお笑いに関する芸人の集まりですが、目指すところが全然違います。

そのため、関係と言えるような交流がないといえます。

なお、これは吉本興業だけでなく他の芸能事務所(マセキ芸能社など)とも同じことが言えます。

こういったこともあって、そもそも違いを比較するということも難しいです。

強いてあげるなら、漫才協会は師弟関係で、吉本興業は先輩後輩関係が重要などですね。

 

関係がないとも言い切れない?

ナイツ塙さん曰く、漫才協会が衰退した原因。

それは吉本興業のNSC1期生であるダウンタウンのお二人が活躍したせいなんだそうです。

これによって、師弟関係で芸を学ぶ漫才協会ではなく、NSCなどのお笑い養成所で学ぶ人が増加。

その結果、ナイツ塙さんの上の世代がごっぞりいないと熱弁されていました。

真相は分かりませんが、もしかしたらそういった意味でいうと、関係があるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

漫才協会には事務所の垣根を越えて入会可能

漫才協会には所属事務所の垣根を越えて入会可能です。

実際、「ナイツ」は「マセキ芸能社」、「錦鯉」は「Sony Music Artists」など。

様々な事務所に所属されている芸人さんが集まっています。

ちなみに、漫才協会に入会すると舞台に立てる回数が増えるという大きなメリットがあるそうです。

吉本興業には常設の劇場がありますが、他の事務所で劇場を持っているところはほぼない。

そのため、舞台になかなか立てないという芸人にとっては非常に魅力的なメリットと言えます。

 

漫才協会永久追放の噂や吉本興業との関係まとめ

・漫才協会を永久追放された人物の話は見つからない
・やめ方でいうと「除名」が一番永久追放に近い対応にみえる
・漫才協会と吉本興業などの事務所に関係はない
・そもそも漫才協会と事務所は全く異なるため比較も難しい
・強いて違いを挙げるなら漫才協会は師弟関係、事務所は先輩後輩関係が重要

という感じですね。

永久追放についてはよく分かりませんでしたが、事務所との違いなど。

漫才協会について、いろいろと知ることが出来ました。

今後も所属する芸人さんたちのご活躍に注目していきたいですね。

 

※別記事もおすすめです。

漫才協会の四天王とは誰のこと?ナイツなどコンビ4組をご紹介!
漫才協会の四天王とは誰のこと?ナイツ/ホンキートンク/宮田陽・昇/ロケット団のコンビ4組をご紹介!
ナイツはなぜ漫才協会に入ったの?理由はパワハラって本当?
ナイツはなぜ漫才協会に入ったの?理由はパワハラって本当?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました