てんやが安い理由は食材ではなく機械化による天丼調理に秘訣があった!

食関連

 

安くて美味しい天丼で人気のチェーン店「てんや」。

天丼(並)が1杯500円という値段に驚く人も多いと思います。

メニューによっては1杯480円(ちくわ礒辺揚げ天丼)という天丼もありますね。

税込価格になっていて、みそ汁付きという点もありがたいところです。

そしてなによりも美味しい!素晴らしいクオリティ品質です。

1杯1,000円以上は当たり前と思っていた私にとって、本当に衝撃的な出会いでした。

でも、なぜそんな低価格で天丼を提供できるのでしょうか?

調べてみたところ、安い理由として真っ先に考えられる「食材」ではないそうです。

実は安さの秘訣は「機械化」による調理だったというお話を今回はご紹介させていただきます。

 

 

てんやの天丼はなぜ安い?理由は食材ではない!

 

てんやの天丼はなぜ安いのか?

私が真っ先に考えたのは失礼ながら、食材が安いのではないかという点です。

ただ、調べてみた結論から言うと、食材が安いという考えは間違いだったようです。

加工から供給に至るまで独自のネットワークを持ち、コストを削減されているそうです。

恐らくは海外などからの食材調達や、大量購入などの工夫によるコスト抑制。

そういった王道とも言える方法も行っていると推察されます。

そして何より、てんやの天丼に使用されている食材はこだわり抜かれていることが分かりました。

いくつか例を挙げてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

てんやの天丼で使用される天ぷら粉

てんやの天丼で使用されている天ぷら粉は特別製のようです。

創業以来、日清製粉・日清フーズと共同開発を重ねてきた天ぷら粉と公式HPで紹介されていました。

まさにてんや向けの天ぷら粉と言えるようですね。

 

なお、打ち粉の小麦粉の中にタピオカ粉を混ぜて、衣がはがれないように工夫されていること。

衣となるバッター液を低温度に保つことでカラッと揚げられるようにするなど。

美味しさを実現するための工夫もたくさんあるようです。

 

てんやの天丼で使用される天ぷら油

てんやの天丼で使用されている天ぷら油は特別製のようです。

公式HPによると、日清oillioに特注している油なんだそうです。

そして、好き嫌いなく飽きのこない工夫を施していると紹介されていました。

多くの人に愛される天丼の背景には、そういった努力があったんですね。

 

てんやの天丼で使用されるエビ

 

てんやの天丼で使用されているエビはブラックタイガーという品種です。

このエビは安くて美味しいエビの代表格であるバナメイエビからすると、価格が若干高めです。

もちろん、その時々の相場次第ではあるのですが、1.5倍くらいになる時もあるそうです。

ただ、ブラックタイガーというエビはぷりぷりとした食感が特徴的なんだそうです。

そのため、天丼のエビとしてはとてもいいエビになるみたいですね。

てんやでは安さを優先したエビではなく、天丼に合うエビを選んでいると言えます。

そうやって美味しい天丼が出来上がっているんですね。

実際、てんやの天丼のエビはプリッとしていて食べ応えがあり、美味しいなーと思います。

 

スポンサーリンク

 

てんやの天丼が安い理由は機械化に秘訣あり!

 

てんやの天丼が安い理由の最大の秘訣は機械化による調理にあるそうです。

具体的に言うと、天ぷら自動揚げ機械であるオートフライヤーが抜群に優秀な様です。

そもそも、天ぷら料理のチェーン店化は難しいとされていました。

理由は天ぷらを揚げるには技術が必要だったためです。

その問題を解決してチェーン店化を実現させたのがオートフライヤーの開発でした。

また、全ての食材を80秒で揚げられるように大きさや厚みにあわせているそうです。

加えて、ご飯もふんわりと盛り付けられるように機械化しているそうです。

それによって削減できた人件費などが天丼の低価格実現につながっているようですね。

 

てんやが安い理由は食材ではなく機械化による天丼調理まとめ

  • てんやの食材は独自ネットワークで集めたこだわり食材ばかり
  • てんやの天丼が安い最大の理由は機械化による調理の実現にあった

 

という感じですね。

美味しい天丼が低価格で手軽に食べられるてんや。

その低価格の裏には様々な工夫があるんですね。

また、美味しさの裏にも様々な工夫があるそうです。

例えば、天丼のタレにはウナギのたれが含まれていること。

東京都から東は関東風に鰹節が強め、神奈川県から西は関西風にいりこだし強めなこと。

テイクアウトではタレを3割増しでかけて冷めても美味しくしているなどですね。

 

そんなてんやも一時期は仕入れ価格の高騰で、1杯500円の天丼が540円になった時もありました。

それでも十分に安いのですが、お客さんたちからは元の値段に戻す要望が多かったそうです。

そして、その声にこたえて1杯500円の値段に戻してくれました。

たった40円と見えるかもしれませんが、企業にとっては大きな収支に直結するお話です。

その裏側にはきっと、相当な努力と決意があったんだと思います。

そんなお客さんに応えてくれるてんやをこれからも応援していきたいですね。

 

※別記事もおすすめです。

奈緒は日高屋マニア!ハマった理由と一番好きなおすすめメニューは何?
2021年9月3日のテレビ「ウワサのお客さま」にご出演する女優の奈緒さん。実は日高屋に週4で通うマニアだった!なぜハマったのか理由を調査!一番好きなおすすめメニューが何なのかもご紹介!
ハンバーガー女子えりさんのプロフィールや本職の仕事、ハンバーガー愛を調査!
テレビ「サンドウィッチマンと指原の2020年バズってるあの場所 掘ってみた」に最強ハンバーガー女子としてご出演する"えり"さん。彼女のプロフィール(年齢など)や本職の仕事、深すぎるハンバーガー愛を調べてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食関連
明日話したい話題

コメント

タイトルとURLをコピーしました