ミャクミャク様は妖怪が元ネタ?なぜあのデザインなの?デザイナーは誰?

ミャクミャク様

2025年に開催が迫った、大阪・関西万博の公式キャラクターに決まった「ミャクミャク様」。

インパクトのあるモチーフで、とてつもない存在感を放っています。

今回は、そのミャクミャク様についてお話しします。

・ミャクミャク様は妖怪が元ネタ?
・なぜあのデザインなの?
・目玉の数は何個?
・デザイナーは誰?

それでは早速お話してまいりましょう。

スポンサーリンク

ミャクミャク様は妖怪が元ネタ?

名前(愛称)ミャクミャク
出生地関西のどこかにある小さな湧水地。
性格人懐っこいが、おっちょこちょいでよくポカをする。
特技色々な形に姿を変えられること、雨上がりに虹を見つけること。
好きなことあらゆる生き物や物事と触れ合うこと。

ミャクミャク様は妖怪というわけではないですが、「正体は不明」のようです。

公式サイトでは「細胞と水がひとつになったことで生まれた、ふしぎな生き物。その正体は不明。」と紹介されています。

キャラクターの正式名は「ミャクミャク」であり、”様”の文字はついてません。

姿かたちが妖怪や神様のように見えることから、SNSや口コミでミャクミャク様と呼ばれるようになっています。

スポンサーリンク

なぜあのデザインなの?

ミャクミャク様のデザインは万博の公式ロゴが反映されています。

もともと、ミャクミャク様のキャラデザインが起こされる前にはロゴマークが開示されていました。

ミャクミャク様のキャラデザインは公募されたものです。

その際に、ロゴマークの世界観を取り入れたキャラクター作成を求められて誕生しています。

ちなみに、ロゴマークには「いのち輝く未来社会のデザイン」と意味が込められています。

ミャクミャクの愛称も公募されたもので、以前は「いのちの輝きくん」と呼ばれていました。

目玉の数は○個

ミャクミャク様の目玉は合計で6個と思われます。

頭の赤い部分に目玉が5個ついており、異様な空気感を出しています。

実は更に、お尻にもしっぽのような目玉(?)が1個ついています。

そのため、目玉が6個ついていると思われます。

スポンサーリンク

デザイナーは誰?

ミャクミャクのデザイナーは山下浩平さんです。

山下浩平さんはグラフィックデザイナーとして活躍されており、アートディレクターやキャラクターデザインをメインに活躍されています。

ミャクミャク様のデザインについて「このキャラクターに定まった形はありません。メインのデザインはあくまで形のひとつ。赤い部分は分裂し、青い部分は自在に形を変える。定まることはありません。」とコメントされています。

変化するキャラクターということのようで、とても柔軟な発想で面白いですね。

一見不気味な印象もありますが、これから皆さんに慣れ親しんでいってくれることでしょう。

ミャクミャク様妖怪説などデザインまとめ

  • ミャクミャク様は正体不明だが、一般の方が妖怪や神様のように思うようになった。
  • なぜあのデザインなのかは、公式ロゴマークを取り入れたデザインだから。
  • 目玉の数は頭に5個とお尻に1個あり、合計で6個と思われる。
  • デザイナーは山下浩平さんで、アートディレクターやキャラデザインで活躍されている。

このようなまとめになりました。

日本中を騒がせたミャクミャク様の印象的なデザイン。

今の勢いをそのままに、大阪・関西万博でもしっかり活躍してほしいですね。

ミャクミャク様が万博を盛り上げてくれるよう、みんなで応援してまいりましょう。

※他の記事もおすすめです

ミャクミャク様はかわいいor気持ち悪い(怖い)?人気や口コミ評判まとめ
大阪・関西万博の公式キャラクターであるミャクミャク様はかわいいor気持ち悪い(怖い)?人気や口コミ評判、公式グッズ販売までをまとめてご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました